神に仕える美男子たちのショーがまもなく開幕!

2014.11.13 18:25配信
ALTAR BOYZ ALTAR BOYZ

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、『RENT』と時代を深く映し出す鋭く知的なミュージカルを輩出してきた、ショービスの激戦区ニューヨークのオフ・ブロードウェイ。その傑作のひとつ、『ALTAR BOYZ』の日本版が新宿FACEにて11月21日(金)に開幕する。日本初演から5年、演出に2009年に同作品を手がけた玉野和紀を迎え、大久保祥太郎、大山真志、川原一馬、法月康平、山下翔央による新生アルターボーイズと植木豪、中河内雅貴、森新吾、東山義久、良知真次らのレジェンド・オブ・アルターボーイズの2チームでの連続上演を試みる。

ALTAR BOYZ チケット情報

作品名のアルターボーイズとは、神と司祭に仕える美しき男子たちを指す。そう聞くと、堅苦しさを感じる方もいるかもしれない。しかし、インディペンデント系のユニークな作品を輩出してきたオフ・ブロードウェイ発のミュージカルが、まさか神さまのお話に終始することはない。なんと、彼らは5人組ボーイズバンドを結成し、観客の魂を救うために“福音”の歌とダンスで愛を説くという、エンタテイメント性たっぷりの内容となっているのだ。

物語の舞台は、“アルターボーイズ2014年世界ツアー”の日本ファイナル公演。観客たちの魂を浄化しようとステージ上に勢揃いしたのは新・旧約聖書の登場人物に相当する英語名を持つメンバーたち。彼らの使命は、コンサート終了までに会場内の観客たちの「迷える魂」の数を、彼らの歌と踊りとおしゃべりで「ゼロ」にすること。ステージ横にはその数を表示するソウルセンサー(魂計測器)が設置されているというのがまた面白い。最初はトントン拍子で減っていく迷子の魂の数が、あるところで一向に下がらなくなる。その理由とは・・・?

人種差別、移民差別、ゲイ差別──そんな現代の難問が知的な暗喩に姿を変えて、ファンキーでコミカルな愛と希望に溢れたこのミュージカル。それぞれのチームの特色がどう出るかも楽しみだ。

『ALTAR BOYZ』
公演日:11月21日(金)~11月30日(日)
※11月26日(水)14時公演終了後にアフタートークショーあり。
『ALTAR BOYZ ~LEGEND~』
公演日:11月24日(月・祝)~12月8日(月)
※11月28日(金)14時公演終了後にアフタートークショーあり。
会場:新宿FACE
大阪・名古屋でも開催。チケット発売中

更に東京では、2チームのスペシャルイベント「ALTAR BOYZ Special Christmas」を12月19日(金)~12月21日(日)AiiA Theater Tokyoにて開催。チケットの一般発売は11月30日(土)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング