プラスワン・マーケティング、税別月額670円からの高速データ通信SIMカード「フリモバ」、音声通話対応は1270円から

2014.11.13 18:37配信
SIMカード「フリモバ」を提供

プラスワン・マーケティングは、11月13日、SIMフリースマートフォンブランド「freetel」から、高速データ通信や音声通話が利用できるSIMカード「フリモバ(freetel mobile)」の提供を開始した。

LTE対応の高速データ通信や音声通話に対応するSIMカード。業界最安値クラスの税別月額670円から利用できる。通信帯域はNTTドコモのFOMA/Xi。販売サイトから申し込み後、最短で1日後にSIMカードを受け取ることが可能。

高速データ通信が利用できる「インターネットプラン」の場合、データ通信量1GBが税別月額670円、2GBが880円、3GBが1280円、5GBが1980円、7GBが2480円。音声通話も付加する「電話&ネットプラン」の場合は、データ通信量1GBが税別月額1270円、2GBが1480円、3GBが1780円、5GBが2480円、7GBが2880円。通話料は30秒20円。

契約時に、税別3000円の基本手数料が必要。解約手数料、契約期間はないが、キャンペーン対象セットなど、一部の商品には解約手数料が発生する場合がある。また、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用した転出には、手数料が発生する。

スマートフォン「freetel LTE XM」とのセットプランも発売する。データ通信と音声通話ができる「電話+インターネット」の12か月限定特別価格は、データ通信量1GBの場合が税別月額500円、7GBの場合が税別月額1980円。通話料は30秒20円。端末は税別2万9800円。

このほか、LTE対応Wi-Fiルータ「freetel ARIA(フリーテル アリア) FTW141A」のセットプランも用意。「電話+インターネット(データ7GB)」の12か月限定特別価格は、税別月額1980円。Wi-Fiルータ「freetel ARIA」は1万7800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング