「アラサー」と呼ばれる年代になると「30歳を超えて、急に老けてきたらどうしよう!」などの容姿への不安を抱える女性も少なくありません。

実際、“30歳”をひとつの転機としてグッと老け込んで(いい意味では、落ち着いて)しまう女性もいれば、いつまでも若々しくキレイなイメージで通っている女子もいますよね。

実年齢よりも若く見える人には、やっぱりちょっとした共通点があります。

今回は時短美容家の私、並木まきが、30歳を超えてもいい意味で「まるで20代!」と言われるほど“キレイな女性”、“美しい女性”のイメージを目指せる3つのポイントをご紹介してまいります。

1. ヘアケアはツヤ感重視

見た目年齢を大きく左右するのが、髪の状態です。

髪は、言ってみれば“顔のフレーム”とも言える役割があるので、どんなに若々しい顔立ちでも髪の毛がガサガサだったりボサボサだったりするだけで、生活感のある雰囲気や老けた印象を醸し出す要因になります。

ですので、いつまでもキレイな女性でいるためには、まず“髪のツヤ”がマストに!

紫外線によるダメージや年齢による髪のダメージがあったとしても、スタイリングの際にツヤを出せるスプレーやオイルを使って仕上げておくと、見た目年齢を下げる秘訣につながります。

2. ベースメイクは触れたくなるような肌感にこだわる

いつまでもキレイな女性を目指すなら、肌の状態はとっても大事。

とは言っても、年齢を重ねるにつれてシミやシワ、くすみなどのネガティブな要素が増えてしまうのは、ある程度は仕方のないことです。

「ならば、いつまでもキレイだと思ってもらうには、エステで特別なケアするしかないってこと!?」なんて思ってしまった人もいるかもしれませんが、実際のところ「年齢より、若く見られる肌」は、そこまでせずとも“触れたくなるような肌感”があれば十分だったりもします。

少々のシミやシワがあったとしても、パッと見て「触りたい!」と感じさせるようなふわっとしたマシュマロっぽい質感や、清潔感のあるハリ肌があると、お手入れが行き届いているように見えやすく「キレイ!」と思ってもらいやすい傾向に。

このあたりはデイリーのスキンケアがモノを言う部分でもあり、四季を問わずに十分な保湿を怠らない意識も大事です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます