ソニー、「α6000」に新色ホワイトを追加、レンズキットを11月28日に発売

2014.11.14 19:37配信
ILCE-6000L

ソニーは、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6000」に新色ホワイトを追加し、パワーズームレンズキット「ILCE-6000L」と、ダブルズームレンズキット「ILCE-6000Y」を11月28日に発売する。

「α6000」は、重さ約285gの小型・軽量ボディのミラーレス一眼カメラ。APS-Cセンサを搭載するレンズ交換式デジタル一眼として世界最速の0.06秒の高速AF(オートフォーカス)、画面のほぼ全域をカバーする179点全面位相差AFセンサによる静止画・動画撮影時の高い追従性、AF追従11コマ/秒連写という特徴をもつ。

既存のブラックとシルバーボディカラーに、新色のホワイトを追加する。ボディとグリップをマットなホワイトで包むことで、落ち着いた印象を与える仕上がりにした。

価格はオープン。実勢価格は、焦点距離が35mmフィルム換算で24~75mmのEマウント専用ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」が付属する「α6000」パワーズームレンズキット「ILCE-6000L」が8万円前後、「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」と、35mmフィルム換算で82.5~315mm相当の望遠ズームレンズ「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」の2本が付属するダブルズームレンズキット「ILCE-6000Y」が10万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング