駅での案内放送をスマホで「見える化」する

京浜急行電鉄(京急)は7月初旬に、SoundUD推進コンソーシアムと連携し、「おもてなしガイド」を活用した駅施設での多言語案内についてのサービス検証を、品川駅、羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国内線ターミナル駅で開始した。

「おもてなしガイド」は、ヤマハが開発した音響通信技術「Sound UD」を用いた音のユニバーサルデザイン化支援システム。京急では、2015年から「おもてなしガイド」の鉄道分野での利活用に向けて、駅構内や車両内の放送装置を使った技術検証を行ってきた。

今回のサービス検証では、スマートフォンにインストールした無料のスマホアプリ「おもてなしガイド」に、改札口付近に設置した再生機に配信された各改札口に応じた音声トリガーを「聞かせる」ことで、駅改札口付近で各改札口や発車番線などの案内を、スマホの画面に多言語の文字情報(日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語)で表示する。

ほかにも、多言語サイトで提供している路線図、乗換案内、周遊券や企画乗車券などお得なきっぷ、無料Wi-Fiなどの利用方法を確認できる。

今後は20年の東京五輪・パラリンピックに向けて、駅改札口付近での案内に加え、駅ホームや車両内、駅構内での案内、さらに地震災害や輸送障害などを想定した緊急時の案内についても、「おもてなしガイド」を活用したサービス検証を段階的に実施していく予定。

なお、総合的な案内への「おもてなしガイド」の幅広い活用は、鉄道会社としては今回が日本初となる。同様の対応を主要駅から順次展開し、今秋を目処に、泉岳寺駅を除く京急線全駅に拡大する予定。あわせて対応言語の追加も検討していく予定。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます