リメンバー・ミー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

2018年3月16日に日本で映画が公開されて、日本はもちろん、世界でも大ヒットを記録した『リメンバー・ミー』。

2018年7月18日に『リメンバー・ミー』MovieNEXが発売されました。

メキシコを舞台として、死者の日をテーマにとりあげています。

死者の日はお祭りのような盛り上がり!!

みんな楽しそうに音楽などで盛り上がっています。

美しい映像や魅力的なキャラクターがたくさん出てきていますが、音楽もこの作品の魅力のひとつ!!

そんな『リメンバー・ミー』の音楽に着目して、その中でも映画に重要な3曲を紹介していきたいと思います。

※一部『リメンバー・ミー』の映画の内容を含みます。

映画のタイトルにもなっている「リメンバー・ミー」

『リメンバー・ミー』で最も大切でキーとなってくる曲。

それが「リメンバー・ミー」。

アカデミー賞歌曲賞も受賞し、有名なディズニーソングのひとつとなりました。

作詞、作曲したのは、『アナと雪の女王』の作曲家であるロペス夫妻!!

映画の中では、様々にアレンジされ、冒頭では、エルネスト・デラクルスが華やかに歌い上げる場面があります。

一方、後半では、ヘクターやミゲルがしっとりと歌い上げるなど、シーンによりいろんな顔を見せてくれる曲となっています。

聴く人、聴き方、聴く場面によって感じ方が変わってくるのです。

オープニングで聴いた時の感動と、終盤で聴いた時の感動は全く違ってきますね。

映画の中での作詞、作曲は、ヘクター・リヴェラ。

ヘクターが、娘であるココに歌い聞かせたのが最初。

ヘクターがココから離れるときに、自分を忘れないで思い出してほしい。

そんな想いが、この曲を聴くと伝わってきます。

ココがこの歌を聴いて、記憶を取り戻したのも納得。

時間をこえ、現世と死者の国の隔たりをもこえて届いた、親子の絆をつないだ愛の歌なのです。

物語が終わった後の、エンドクレジットでも「リメンバー・ミー」が流れます。

英語版では、ミゲル feat. ナタリア・ラフォルカデ、

日本語版では、シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラがそれぞれ歌っています。

このエンドクレジットも字幕版と吹き替え版でまったく違う印象の曲になっているので、ぜひ字幕版、吹き替え版の両方で見てみてください。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます