オトナの遊び場! 屋内型「サバイバルゲーム」施設でサバゲー初体験してきた

横浜・野毛にある、屋内でサバイバルゲームができる施設。一体どんなところ? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました!

<横浜のココがキニナル!>
ちぇるる野毛に屋内でサバイバルゲームができる施設がオープンするそうです。どんな施設か気になります!(miyukidさんのキニナル)

 ※本記事は2014年10月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。
 

サバゲーとは2つのチームに分かれ、エアガン(エアソフトガン)などで撃ち合うスポーツの一種。サバゲーのフィールド(ゲームを行う場)にもよるが、「18歳未満は参加不可」という“オトナの遊び”。

インターネットで調べてみると、サバゲーの施設は“あのシブい”「ちぇるる野毛」にオープンするようだ。「株式会社ASOBIBA(以下ASOBIBA)」に取材を申し込むと、すでにプレオープン体験の申し込み可能人数は「ほぼ満員」。だが、“滑り込みセーフ”で取材させていただけることに!

 

横浜初! 「屋内型サバゲー施設」に突撃!

 

10月3日(金)。JR桜木町駅から徒歩5分ほどで「ちぇるる野毛」に到着。

“シブさ満載”の「ちぇるる野毛にサバゲー施設があるのか?」と歩いていると・・・
オープン30分前にもかかわらず、すでに待っている人が!

取材するため、中へ。「ASOBIBA」の正嵜亨さんにお話を伺う。

 

正嵜さんは「準備のために連日徹夜」とは思えないほどのさわやかな笑顔の持ち主!
会社名の通り、遊び心あふれる「ASOBIBA」
 

「ASOBIBA(資本金:2730万2000円)」は2013(平成25)年に設立。「サバゲー好きの飲み仲間6人でつくったんです(笑)」と正嵜さん。「とっても楽しい会社なんだろうな・・・」と想像する松宮(筆者)。

同社のコンセプトは“都会でサバゲーやろうぜ!”。 近年、サバゲーの人気は急速に高まっている。だが、フィールドは郊外にあり、都会にはほとんどない。なので、初心者には敷居が高いのだ。
 

オープン前で多忙にもかかわらず、取材に応じてくれる正嵜さん

そこで、都会にフィールドがあったら「誰でも気軽に参加できるのでは」と思ったのが会社設立のきっかけだったとのこと。でも、都会で広大なフィールドをつくるのは、家賃が高く大変だ。

しかし、ずっと空室だったり取り壊しが決定したりしている物件を見つけることで「安く借りられる」。これが「うちのビジネススタイルなんです」と説明してくれる正嵜さん。そのため、2013年(平成25)年にオープンした第1号店「ASOBIBA八重洲店」は期間限定だったため、「2ヶ月ほどでクローズ」。以前あった大門店は元銀行。その立地を生かし、“銀行強盗戦”をやっていたんだとか!

現在、同社は横浜や東京・板橋、台場のほかに大阪や名古屋、長崎など6つのフィールドを展開している。ちなみに板橋店の客層は「男女比が8対2」。台場はカップルが多く「男女半々」。通常、「ASOBIBA」ではゲームに参加できるのは20歳から。しかし、台場は家族連れも多いので「10歳からOK」。長崎の施設はハウステンボス内にあるそうで「8歳から参加できる」。
 

「ASOBIBA横浜桜木町店(以下、横浜桜木町店)」のオープンは10月11日(土)。

10月3日から10日まではゲームに参加できるが、“プレオープン期間”だ。

オープン前に利用したお客さんの意見を聞き、フィールドに反映させるという。なので、まだ「完璧にはできあがっていない」。同店は中長期運営を視野に入れた店舗であるため、「数年は営業する」そうだ。

ここで「なぜ桜木町にフィールドをオープンしたのか」と尋ねる。すると、神奈川の中心地である「横浜でオープンしたかった」と答えてくれる正嵜さん。年配の利用者が多いと思われる「ちぇるる野毛」にオープンしたのは、たまたま190坪という「サバゲーを開催するのに十分な広さがある物件が見つかった」から。

平日の営業時間は午後6時から午後10時まで。料金は4時間で3000円。土日祝は午前9時から午後10時まで営業。料金は6時間の二交代制で4500円。郊外にあるフィールドの場合、午前10時から午後5時までの利用で「3000円ほど」。郊外型フィールドと比べるとやや高いかもしれない。しかし、“アクセス抜群で使いやすい”のが「ASOBIBA」の魅力。また、レンタルも完備しており、「仕事帰りに手ぶらで来店できる」のがうれしいところ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング