EIZO、正方形の1920×1920画素26.5型液晶ディスプレイ「FlexScan EV2730Q」

2014.11.19 17:53配信
FlexScan EV2730Q

EIZOは、縦横比1:1で1920×1920画素の26.5型カラー液晶ディスプレイ「FlexScan EV2730Q」を開発した。2015年1~3月に発売する予定。価格は未定。

縦横比が1:1、解像度が1920×1920画素の正方形なので、1920×1080画素のフルHDと比較すると、縦方向に約78%広く使うことができる。縦長のウェブサイトなども、頻繁なスクロールなしで快適に閲覧することができる。情報が縦横広範囲に及ぶCADやデザイン、コーディング用途では、作業効率や作業品質の向上が期待できる。

パネルは、広視野角IPS方式で、液晶画面は、目障りな光の映り込みを和らげる表面ノングレア仕様。視野角は水平178°/垂直178°、コントラスト比は1000:1、応答速度は5ms。採用最適な画面輝度へ自動調整する「Auto EcoView」のほか、低輝度時の画面のちらつきをカットする「EyeCare調光方式」を採用した。「Auto EcoView」との併用で、ブルーライトの発生量を大幅削減する「Paperモード」を備える。

DVI-D24ピン×1、DisplayPort×1、1.0W+1.0Wのスピーカー、ステレオミニジャック×1、ヘッドホン端子×1などを備える。サイズは幅497.0×高さ512.5~613.5×奥行き245.0mmで、重さは約7.1kg。スタンドは、作業しやすく疲れにくい位置に調整できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング