「期待を裏切らない」山本耕史が主演作に自信

2014.11.20 14:00配信
『メンフィス』制作発表の模様 (左から)吉原光夫、ジェロ、山本耕史、濱田めぐみ、JAY'ED 『メンフィス』制作発表の模様 (左から)吉原光夫、ジェロ、山本耕史、濱田めぐみ、JAY'ED

2015年1月30日(金)より東京・赤坂ACTシアターで上演されるミュージカル『メンフィス』の制作発表が11月18日、都内で行なわれ、出演する山本耕史、濱田めぐみ、ジェロ、JAY’ED、吉原光夫が出席した。

【チケット情報はこちら】

ミュージカル『メンフィス』は1950年代、アフリカ系アメリカ人が多く住み、ブルースやソウルなど黒人音楽の発祥の地でもある米国南部の都市メンフィスが舞台。人種差別が色濃く残るこの時代に、音楽を通じて風穴を開けた実在するラジオDJの半生を描いた作品だ。同作は2009年にブロードウェイで初演され、翌年のトニー賞では4部門を受賞。今回が日本初上演となる。

この日の会見では出演者が劇中に登場する楽曲をメドレーで披露。白人DJ、ヒューイ・カルフーンを演じる山本は「僕たちはまだ1回しか稽古してないんです。それでこのクオリティですから、これから何百回もやるとどうなるでしょうね(笑)。ぜひみなさんには本番を楽しみに来ていただければ、期待を裏切るような事はないと確信しています」と自信をのぞかせた。また、今作がミュージカル初出演となるJAY’EDは「初めてのミュージカルでドキドキしています。音楽の力で人種など色々な壁を乗り越えるという作品のメッセージや、ソウルミュージックの成り立ちなどの背景を皆さんには楽しんでいただけたら良いなと思います」とコメント。

ブラックミュージックを歌う黒人歌手、フェリシア・ファレルを演じる濱田は、同作への出演に際し行なっている事について「ジムに行っています。本当はもっと筋肉質な体の作り方をしたかったのですが、細マッチョみたいになってしまったので・・・これから頑張ります(笑)。また、歌に関しては、自分の声が高いので、今回は普段の喋りから低い声で話して、喉になじませるように心がけているのと、周りにソウルフルな曲を常に置いて、聞くようにしています」と語った。

山本は作品について、「テーマは昔の作品ですが、根本にある課題やメッセージは今も未来も変わらないと思っています。何かを乗り越えるための架け橋になるような、そんな作品になれば良いなと思います」と意欲を見せた。

ミュージカル『メンフィス』は2015年1月30日(金)から2月10日(火)まで、東京・赤坂ACTシアターで上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング