夢のスーパーサーカス「オーヴォ」名古屋公演開幕!

2014.11.20 18:52配信

世界的な人気を誇るエンターテインメント集団シルク・ドゥ・ソレイユの日本公演最新作「オーヴォ」の名古屋公演が、11月20日(木)より開幕。記念すべき日本公演第10弾となる本作は、主人公はじめ登場人物すべてが草の下に生きる“虫”たちという、シルク初となるファンタジー作品としても注目を浴びている。

演目の見どころはビッグトップ公演史上最大規模となる、高さ約8m、幅約19mの巨大な壁を使った「ウォール」や、ピンと張らずに緩めた状態にしたワイヤーの上で行う綱渡り「スラックワイヤー」など。演目のほとんどが陽気な音楽とともに展開され、随所にダンスの要素も多く取り込まれていることも、「オーヴォ」の過去の作品と違うところだ。また、主人公3人のうち「フォーリナー」を演じるのが日本人の谷口博教であることも、今回の日本公演の大きなトピックスとなっている。日本人がシルク・ドゥ・ソレイユの公演で主役を務めるのは初めてのことだ。

開幕前日の公開リハーサルでは開幕セレモニーも行われ、応援団長の小倉智昭、スペシャルサポーターのLiLiCoが出席。LiLiCoが「この色彩や世界観は子供たちも楽しめる」と言えば、小倉は「名古屋のみなさん、どえりゃー興奮するがね!」と名古屋弁を交えてアピール。セレモニーには主人公3人も登場し、来場者たちを沸かせた。

名古屋公演ならではのお得な情報としては、公演日限定のプレゼント付きペアチケットがおすすめ。オフィシャルプログラムやマフラータオル、トートバッグなどの公式グッズが付いて値段は変わらないのでお値打ちだ。こちらもぜひチェックを。

「ダイハツ オーヴォ」名古屋公演は来年2月1日(日)まで開催。その後、6月までに福岡、仙台公演と続く。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング