【EXO】初世界ツアー東京公演ファイナル! ファンと交わす約束「今日は終わりではなくスタート」

2014.11.21 3:45

EXO(エクソ)が東京・国立代々木競技場 第一体育館で、初ワールド・ツアーの東京3days公演を開催。ウレぴあでは熱狂に沸いたファイナルの模様をプチ・レポートでお届け!

韓国の人気ボーイズグループ、EXO(エクソ)が11月20日、東京・国立代々木競技場 第一体育館で、初ワールド・ツアー「EXO FROM. EXO PLANET#1 -THE LOST PLANET」東京3days公演のファイナルを迎え、1万2000人を熱狂させた。

東方神起ら人気アーティストが所属する韓国芸能事務所、SMエンターテインメントから2012年4月に韓国・中国にてデビューしたEXOは、韓国人と中国人メンバーで構成され、EXO-KとEXO-Mに分かれて韓中で活動中。今年、米音楽誌「ビルボード」が選んだ“2014年注目すべきアーティスト14”にてアジアで唯一選出された大注目のグループで、デビューから約2年で、韓国をはじめ、中国、タイ、そして日本など17都市30公演で33万人超を動員するワールド・ツアーを開催。日本では、福岡・東京・大阪の3都市9公演で12万人を動員予定だ。

白い(シルバー)ペンライトで一面真っ白に染まった会場に登場したメンバーは、民族舞踊で士気を高め一気に盛り上げる。東京の最終公演に際し、リーダーのスホは「皆さんにとってこの3日間が、一生心に残る3日間になれば」といい、「最高のステージをプレゼントしたい」と意気込んだ。また、ベクヒョンも「最後までテンション アゲアゲでいきましょうね! テンション下がったらダメよ~」と言うと、会場中が「ダメダメ」と答えるなど、双方の息はぴったり。

そして、セフンが「最高に楽しく遊んでください!」と呼びかけると、全員(チャンヨルをのぞく)が「盛り上がりましょう!」と叫び、デビュー曲『MAMA』や『History』、ヒット曲『Wolf』『Growl』『Overdose』など30曲を披露し、会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング