子供との“長距離ドライブ”を乗り切るコツを、子連れ旅行アドバイザーに聞いた

家族での長距離ドライブを安全で、快適で、楽しめるようにするにはどうしたらよいのでしょうか? 家族旅行の専門家に秘訣を聴いてみました。この冬、ちびっ子を連れての家族旅行を計画している人は必見です!

年末年始、家族でお出かけの予定はありますか? ちびっ子を連れてパパやママの運転でドライブ! なんて楽しいですよね。例えばこれからの季節だと、ちょっと遠くまでスキー旅行。なんて考えている方も多いはず。

子供を乗せてソリで滑ったり、ゲレンデの隅っこで雪だるまを作ってみたり。想像するだけでも楽しい思い出づくり。しかし、こういった現地での楽しいイメージだけでなく、小さな子供を連れての遠出となると、パパ・ママにはちょっとした不安もあるのではないでしょうか。

家族旅行・子連れ旅行の専門家として雑誌やWebで活躍している子連れ旅行アドバイザーの小暮祥子さんによると、

「初めて訪れる土地勘のないようなところで運転に集中している時や、道に迷ってしまったり、急な要望で慌てるときに限って子供がグズったり、泣いたりで慌ててしまうことは多いようです。」

とのこと。確かにドライブあるあるですよね……。慣れない道で運転手も気が張り詰めているところに限ってこうなっちゃう気がします。子供が飽きずに家族みんなでドライブが楽しめるようにはどうしたらいいのでしょうか?

小暮さんに多くのパパ・ママが抱える子連れドライブでのお悩み例と解決策を紹介していただきました。
 

1.車内でグズる子供にはどうしたらいいの?

最初はいい子で載ってくれていたのに、次第に「かまってよ!」や「パパとママのところにいきたいの!」というアピールが始まり、そして「もうやだ!」とグズりはじめちゃったり。多くのご家庭がこんなパターンなのではないでしょうか。これには理由があるそうなんです。小暮さんは、

「長時間のドライブ、特に高速道路の移動など、景色が単調になると飽きてしまいがちです。子供はやることがなくて飽きてしまいます。前を向いているママやパパの気を引こうと泣いたり怒ったりすることもあります。玩具などを持たせても長時間になるとすぐに飽きてしまいます。」と語ります。

我が家も2歳の子供が居るのですが、グズりだしたらしょうがなくお菓子をあげてあやしています。しかし、あやすためにお菓子をあげるって、良くないことですよね。わかっているんですが、後ろでグズられちゃうと運転にも集中できませんし、やっぱり不安になってしまって楽しい気分も台無しに。うう……。

小暮さん曰く、このようなケースでは「お気に入りの動画を用意しておくと効果的」なんですって。

「“これは次のドライブの時のお楽しみにね”、と楽しみに待たせておくとさらに有効です。また小さな子供には、簡単な手遊び歌的な、ちょっと体の一部を動かして遊べる歌の映像もおすすめです。手だけでも動かすことで気分転換になるようです」

「動画を選ぶ上でのポイントとして、普段見ているテレビ番組やお気に入りのアニメなどがお勧めです。また、テーマパークに行ったときのパレードやショーの映像など、自分やパパ・ママも時々映っている動画だと、より興味を持って長い映像でも飽きずによく観るようです」
 

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント