意外と的中! 「運命の人」と出会う前に起きる4つのサイン

2014.11.25 16:00

「運命の人」は一生に一度、出会えるかどうか。もし出会ったとしても、その人だとちゃんと気がつくかどうか不安ですよね。そこで今回は、運命の人が現れる前に起きる「ある事」についてお話しします。

運命の人は本当に特別な存在。
一生に一度、出会えるかどうか……。
もし出会ったとしてもその人だとちゃんと気がつくかどうか不安ですよね。

既婚者の友人達がよく、結婚する相手に初めて会った時「ビビビッと来た」とか「この人と結婚するんだろうなと思った」と言っているのを耳にします。
そういう相手は運命の人なのだと思うのです。

「運命の人」という言葉に人一倍反応する筆者は、実は日々、スピリチュアルカウンセラーの先生方に話を聞いてもらったり、色んな本を読んで密かに勉強をしています(笑)
その結果、運命の人が現れる前に、どうやら必ず起きる事がある様です。

 

今までの人生の大清算大会が起こる

例えばずっと一緒にいた彼氏だったり友人だったりと、突然もめ事が起きて離れなければならなくなったり、仕事も突然リストラされたり、家族の都合で東京を離れなくてはいけなくなったり、とにかく何かしらの理由で突然の別れが訪れます。

しかも大抵が、その時期の自分が一番必要だと思っていた人や場所だけに、この事象は一見ネガティブに映ります。自分がこれから先うまくやっていけるのだろうかなどと悩む事もありますし、傷ついて立ち直れないという人も多くいます。でも手放しましょう。執着していると運命の人との出会いのタイミングを失います。

 

懐かしい人からの連絡が頻繁に来る

疎遠になっていた人達から連絡が来だします。しかも、一件どころではなく数件来ます。

しかし、その連絡を貰ったところであなたはさしてピンと来ないでしょう。あなたが会いたいと思っている人から連絡がくるわけではないからです。その為、ちょっと面倒だなとお誘いを断ってしまう事もあるかもしれませんが、必ず誘いを受けしましょう。

なぜなら、その人はあなたにこれからの人生の乗り越え方を提示する重要な役割を担った人だからです。

提示の仕方は人それぞれです。直接的に言葉で伝えてくる人もいれば、回りくどいメッセージで伝えてくる人もいます。あるいは、何も言わずに態度で気づかせる人も。

与えられたメッセージに気がつけるかどうか、それはあなた次第。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント