©POT(冨樫義博)1998-2018年

「週刊少年ジャンプ」50周年を記念して、同誌の創刊から現在までの軌跡を振り返る展覧会「週刊少年ジャンプ展 VOL.3 ―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―」が7月17日より、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーでスタート。

展覧会開催に先立ち行われた内覧会にCharacter JAPANも潜入。「ジャンプ」の紙面を盛り上げたさまざまな人気作が揃う展覧会の模様を取材してきました!

「週刊少年ジャンプ」21世紀のヒーローたちが集結!

会場に入ってまず目についたのは、全出展作品及び2000年1月1日以降の「ジャンプ」掲載作品のコミックス第1巻(一部を除く)計215作の数々

「週刊少年ジャンプ展」としては第3弾となる今回の展覧会でフィーチャーされたのは、2000年代の「ジャンプ」に掲載された作品の数々。

人気の『ONE PIECE』『NARUTO -ナルト-』『BLEACH』をはじめ、21世紀の「ジャンプ」で活躍を繰り広げたヒーローたちの原画が森アーツセンターに集結しました。

漫画家の先生たちが生み出した美しい原画の数々は、まさに圧巻! 多数の人気作品を生み出し、長年少年漫画界をを牽引してきた「ジャンプ」ならではの充実した展示になっています。

『ONE PIECE』

©尾田栄一郎/集英社

展示のトップを飾るのはやはりこの作品でした。海賊ルフィとその仲間たちが大暴れする超人気作品『ONE PIECE』。

©尾田栄一郎/集英社

ミラー調の壁面に囲まれた「ONE PIECE カレイドスコープ」の空間で、ルフィ、ゾロ、ナミ、サンジらおなじみ麦わらの一味が揃ってお出迎えしてくれました。

中央では、作品の原稿が吹き上がり、幻想的な空間に思わずうっとりしてしまいます。ここはいったいどこの島か、それとも海か……?

『暗殺教室』

©松井優柾/集英社

学校の教室で先生暗殺への戦いが繰り広げられる斬新な発想のドラマで一躍ヒットした『暗殺教室』。 展示コーナーは椚ヶ丘中学校3年E組の教室仕様。E組のみんなと殺せんせーが待っていました!

©松井優柾/集英社

黒板のイラスト部分は松井優柾先生が展示のために描いてくれたものだそうですよ!

『テニスの王子様』

©許斐剛/集英社

テニスにかける男子中学生たちのドラマで旋風を巻き起こし、アニメやミュージカルなど、数々のメディアミックス展開に活躍を広げ、女性ファンの熱い視線が集め続けている『テニスの王子様』。

©許斐剛/集英社

“青学”こと青春学園が全国制覇をするまでの軌跡をたどるグラフィックが壁を彩り、氷帝、立海、四天宝寺など数々のライバル校の戦士たちの姿も。数々の白熱の戦いの記憶が蘇ってきます。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます