I・Oデータ、新規格SeeQVaultに対応した録画用HDD「AVHD-AUSQシリーズ」

2014.11.26 18:49配信
AVHD-AUSQシリーズ

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、新規格SeeQVaultに対応し、パナソニックのレコーダー「ディーガ」との動作検証済みの録画用HDD「AVHD-AUSQシリーズ」を、12月上旬に発売する。税別価格は、2TBモデル(AVHD-AUSQ2.0)が2万2100円、3TBモデル(AVHD-AUSQ3.0)が2万6600円。

対応するAV機器で録画した番組を、別の対応テレビやレコーダーに接続しても再生することができる映像保存の新規格SeeQVault(シーキューボルト)に対応した録画用HDD。パナソニックの「ディーガ」とプラズマ/液晶テレビ「ビエラ」、東芝のBDレコーダー「レグザブルーレイ」、Windows 8.1/8/7搭載のPCに接続し、録画をすることができる。

パナソニックのBD(ブルーレイディスク)レコーダー「ディーガ」と同等で、振動や騒音が少なく、長時間の加速エージング検査に合格したハードディスクを採用。すべてのハードディスクで全データ領域の品質検査をしているので、録画失敗のリスクが大きく低減している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング