ズバ抜けてかわいいわけじゃないのに、なぜかモテるあの子。彼女に憧れる“ファン”が後を絶たないモテ子。あなたの周りにもいませんか?

そんなモテ子がいる一方、恋愛指南書を完全コピーし、あれこれテクニックを駆使しているのに、一向に恋人ができる気配のない非モテ子もいます。この差は一体、なに?

今回は、“非モテ子の打算、モテ子の作法”と題し、その違いをご紹介します。

非モテ子の駆け引き

みなさんも10代の頃、好きになった男性の気を引くため、わざとメールを返さなかったり、電話を控えてみたり“駆け引き”した経験はありませんか?

若い頃ならそんな恋の駆け引きもアリ! 相手の男性も、それが駆け引きと気付かず、押したり引いたりするあなたに、心乱されたはず。

でも、駆け引きは打算です。アラサー女性が、打算的に駆け引きすると、非モテ街道まっしぐら。みなさんと同じように、年齢を重ね経験を積んだ男性は、女性から繰り出される打算的な駆け引きに気づきます。

つまり、20代の頃のように、駆け引きがうまくいくとは限りませんし、逆に“打算女”として、薄っぺらさが露呈することも。

また、駆け引きには、一定の時間が必要。単に時間を無駄にしてしまう可能性だってあります。筆者の周囲のアラサー女性からは「恋愛の駆け引き? 面倒臭い」という声が聞かれます。駆け引きをしている時間の余裕、アラサー女性にはないのでは?

では、モテ子はどうでしょう。「モテる女性は駆け引きがうまい」そんなイメージがありますよね。でも、モテ子は、相手の心を乱して自分を意識させるような駆け引きをしません。

モテ子がモテる理由は、相手と適度な距離を取ることができるから。駆け引きをするのと、距離を取るのが上手い。何が違うのか。

まず、自分を意識させるためにするのが駆け引きです。これと比較して、相手の“心地よさ”を基準に考え、適度な距離が取れるのが”モテ子の作法”。

例えば、相手基準で考えれば、「迫りすぎたら嫌われる」と分かりますし「忙しい時は遠慮する」などと判断できます。打算的に、連絡したり・しなかったりするのとは、根本的に違いますよね。相手の気持ちや、自分の状況に合わせて距離をとれる、それがモテ子の作法です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます