ディズニー新作短編『愛犬とごちそう』映像が公開

2014.11.28 17:00配信
『愛犬とごちそう』(C)2014 Disney. All Rights Reserved.

ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』と同時上映される短編アニメーション『愛犬とごちそう』の特別映像が公開になった。『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』そして『ベイマックス』にも参加したスゴ腕のアニメーター、パトリック・オズボーンが初監督を務めた作品だ。

『愛犬とごちそう』特別映像

本作の主人公は、人間の男性の愛犬であり、親友でもある犬のウィンストン。ウィンストンは男性と食べ物を分かち合いながら暮していたが、男性が恋に落ちてからウィストンの食事の時間は一変してしまう。やがて男女の恋に様々な局面が訪れ、犬のウィンストンは予想もしなかった行動に出る。人間と犬の友情、男女の恋模様を“食事”を通して描き出す傑作短編だ。

本作は、ディズニー・アニメーション・スタジオ内で、短編のアイデアを全社員から募ったことから誕生した作品。オズボーン監督はこれまで数々の大作でチーフ・アニメーターを務めてきた実力派だが“監督”は初めてだ。「ビッグチャンスに興奮しましたが、同時にディズニーの名作短編アニメーションとその輝ける歴史に、ものすごいプレッシャーを感じました」という監督は本作で、デフォルメされた愛らしいキャラクターを見事に動かして、観客を魅了している。「つねにキャラクターのデザインをシンプルで美しいものにすることを心がけました。その方が観客がストーリーに集中できると思ったんです。画家が美しい芸術作品をつくるときのように“リアル”より“Feel Good”であることを優先にして製作しました」。

このほど公開された特別映像にも登場するが、本作のもうひとつの主役は“料理”だ。物語の冒頭ではウィンストンのご主人様は大のジャンクフード好き。フライド・ポテトやパスタなど見ているだけでお腹が空いてくる料理が登場し、ウィストンはご主人様と一緒にそれらをたいらげていく。しかし、ご主人様に恋人ができ、ライフスタイルが変わると、食事のスタイルにも変化が訪れる。オズボーン監督は約6分間の短編の中で、ウィンストンとご主人様の“約1年分のディナー”を描くと決めたそうで、劇中には様々なスタイルの食事が登場。キャラクターの感情や状況を“食事のメニュー”の変化で描く巧みな演出に驚かされるはずだ。

オズボーン監督がアニメーション・チーフを務めた『紙ひこうき』をはじめとして、ディズニー・スタジオは傑作短編を次々に送り出しており、『愛犬とごちそう』も歴代の傑作群にその名を連ねることになるだろう。「僕はたくさんの人々に楽しんで観てもらえれば十分満足ですよ。それが、何よりの“ご褒美”です」。

『ベイマックス』
12月20日(土) 全国ロードショー
同時上映:『愛犬とごちそう』

いま人気の動画

     

人気記事ランキング