長距離や深夜便におすすめ保湿

長距離路線や、深夜便に乗る場合、時間を利用してシートパックもおすすめです。

1枚売りのシートパックでももちろんよいですが、今回おすすめするのはロージローザのコットンマスク。

これはカップ入のコットンマスクで、手持ちの化粧水をカップに注げば即席シートマスクが完成。

予め手持ちの化粧水を必要量だけ容器に移し替えたものを持ち込んだり、試供品の化粧水を使って行うと、手持ちの液体物が機内で消化されるのでおすすめです。

ちなみに持ち込む化粧水は、オイルが含まれたものやとろみのある美容液のような化粧水がおすすめです。

さっぱりタイプの化粧水は、機内の乾燥に負けてしまい、シートマスクがすぐにパリパリになってしまいます。

抱えた水分はこれでしっかりキープ

こうして肌にしっかり抱えた水分を逃さないために、フタをしなければなりません。

クリームを使うのも悪くはないのですが、アイマスクやマスクがベタベタくっついてしまうため、クリームを使うなら、目の周りなど部分的に少量使いがおすすめです。

クリームもやっぱり試供品がおすすめ。機内で使い切り、手持ちの液体物カットに繋がります。

そして顔全体に使うなら、クリームより美容液がマスト!エアレスポンプの美容液なら、機内に持ち込み出来るのでおすすめです。

美容液を厚めに塗ったら乾燥だけでなく、機内での感染予防になるぬれマスクを装着すれば、口から、鼻からの蒸気も幸いして、肌がしっとり潤う最高の環境に。

到着が近くなる頃には、化粧のりまで抜群の潤い素肌になっていますよ。

 

持込制限があるからこそ、なるべく機内で使い切れるものを利用するだけで、荷物が多くなる帰路にも幸いしてくれます。

機内は最高のスキンケアタイム。ぜひフライト時間を楽しく有効利用してくださいね。

メイクアップアーティスト。22歳で、日本育ちのフランス人。化粧品やメイクに関してはもちろん、美容に関する情報も発信する。「とまり木のコラム」の美容・ヘアメイクコラムを担当。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます