向井理(左)と志尊淳

 NHKスペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の向井理、志尊淳が登場した。

 本作は、1964年の東京パラリンピックを成功に導き、その後は障害者の自立のための施設を設立するなど、障害者の社会復帰に一生を捧げた伝説の医師・中村裕の人生を描く。

 中村を演じた向井は「中村先生が生きた時代と信念のエッセンスを、どれだけ表現できるかを考えて演じました。こういう人がいたからこそ、今の日本や、パラリンピックの環境が恵まれているんだなと思います。2年後のオリンピック、パラリンピックの先駆けとしての作品になればいいなと思います」とアピールした。

 また「台本では声に出して泣きそうになるようなシーンがたくさんあったんですけど、中村先生は人を泣かせるために言っているのではなくて、心の底から出てくるものが人の心を動かしているのだと思うので、泣いちゃいけないなって、こらえながら演じました」と撮影時を振り返った。

 事故で車いす生活を余儀なくされた患者のアキラを演じた志尊は「アキラは僕が経験したことのない境遇の青年なので、役柄に寄り添って、間違った表現をしないことを心掛けました」と語った。

 「共演してみて、お互いの印象は?」と聞かれると、向井は志尊について「真面目で器用な方です。車いすも、初めて現場で会ったときから(基本テクニックの)ウイリーができていましたし、うらやましいなって思いました」と回答した。

 一方、志尊は向井について「ものすごくクレバーな方で、現場でもクリエーティブなお話をされていて、大きい背中でした」と語った。

 ドラマは、8月22日午後10時から放送。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます