大河元気、宮崎秋人出演、朗読劇『走れメロス』開幕

2014.12.5 15:20配信
本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』 (C)2014 CLIE/MAG.net Andem カメラマン:金山フヒト  本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』 (C)2014 CLIE/MAG.net Andem カメラマン:金山フヒト 

ビジュアルと音楽、キャストが動いて魅せるスタイルが人気の朗読劇「本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』」が12月3日より東京・草月ホールで開幕した。

同作はメロス役に、最近初脚本・演出の舞台を成功させた大河元気と、様々な作品に出演し、若手俳優の中でも頭角を現している宮崎秋人のふたりが日替わりで出演。ふたりは劇中かなりの時間走り続け、極上文學シリーズ史上一番熱い作品である同作の主役を熱演。宮崎はメロス役を演じることについて「普段走りながら本を読むことはないですが(笑)、頑張ります!」とコメント。

また、劇中において紅一点であるメロスの妹役は、佐藤永典、椎名鯛造、西村ミツアキの3人の男性がトリプルキャストで出演。3人は男性であるが可憐な女性を演じ、存在感を残している。加えて同作は読み師の演技に合わせ、ジャズピアニストが生演奏を披露するなどの演出で、物語をドラマチックに表現している。

「本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』」は12月7日(日)まで東京・草月ホール、12月27日(土) ・ 28日(日)に大阪・大阪ビジネスパーク円形ホールで上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング