日本一の鉄道旅行を決めるイベントに『僕達急行』から村川絵梨が登場

2012.1.27 15:16配信
映画『僕達急行 A列車で行こう』に出演した村川絵梨が“鉄旅オブザイヤー”のイベントに登場

松山ケンイチと瑛太のダブル主演でおくる映画『僕達急行 A列車で行こう』が3月24日(土)から公開になるにあたり、本作に出演している村川絵梨が、26日に埼玉県にある鉄道博物館で行われた“鉄旅オブザイヤー”の授賞式にプレゼンターとして登場した。

その他の写真

本作は、性格も仕事も違うが鉄道をこよなく愛する“鉄ちゃん”の小町(松山)と小玉(瑛太)が、趣味を通じて出会い、友情を育むなかで仕事や恋に奮闘する姿をピュアに描いた人間ドラマ。監督は、昨年12月に急逝し、本作が遺作となった『間宮兄弟』『武士の家計簿』の森田芳光氏。

鉄道博物館で開催された“鉄旅オブザイヤー”は、日本国内の優れた鉄道旅行を審査・表彰するという初の鉄道イベントで、村川はこの日『僕達急行』を代表してプレゼンターとして登場し、各賞の発表と表彰状及び賞金授与を行った。昨年の10月にもJR熊本駅の一日駅長を務め、鉄道イベントへの参加は2回目となる村川だが、「実は私、映画の中では一度も鉄道に乗っていない役なんです(笑)。いつも会社にいる秘書の役で」と明かすも、授賞式ではしっかりとプレゼンターとしての役目を果たし、最後に「これからも私の世代も楽しめる、素敵な鉄旅の企画をどんどん生み出してください」と受賞者へメッセージを送った。

また、作品について「松山さんと瑛太さんが演じることで、趣味を持った人のイキイキとした感じがとてもよくでています。旅をするごとにいろいろな人と出会っていくというところがとても面白いロードムービーになっています」とPR。村川は、同じ会社に務める小町(松山)を少し好きな秘書の役で、劇中での恋の行方も注目したいところだ。

『僕達急行 A列車で行こう』

(C)2012『僕達急行』製作委員会

いま人気の動画

     

人気記事ランキング