川口春奈、大胆告白に“胸キュン”!?『好きっていいなよ。』ウラ話インタビュー

2014.12.10 17:30

この夏、女子の心をキュンキュンさせた映画『好きっていいなよ。』。主演を務めた女優の川口春奈さんに、DVD発売を記念して本作を振り返ってもらった。川口さんの胸キュンポイントは? そして本作を通して感じたこととは?

拡大画像表示 撮影:小林裕和

いつの世もひとの心を捉えて離さない“胸キュン”。特に女子であれば、リアルな恋はもちろん、アイドル、俳優、はたまた漫画の主人公にも胸キュンを求めてしまう――そんな経験、誰しも一度はあるのではないだろうか。

そんな“胸キュン”ど真ん中の内容で今年話題となったのが、映画『好きっていいなよ。』だ。同名の人気マンガの実写化ということで期待も大きかった本作は、7月12日の公開から6週目で興行収入10億円を突破する大ヒットを記録。12月3日(水)には待望のBlu-ray & DVDが発売された。
 

自分が「胸キュン作品」に参加することが新鮮でした

本作でもっとも多くの“胸キュンシチュエーション”を体験する主人公の橘めいを演じたのが、女優の川口春奈さんだ。彼女の演技に、この夏多くの女子がキュンキュンさせられたことだろう。

だが川口さんはそんな“胸キュン”に対して「観る側として自分が好きな作品は結構重いテーマというか、ハッピーエンドじゃないものが多くて。(胸キュンするような作品は)見ていても恥ずかしくなっちゃって。だからこそ新鮮でしたね、自分がこの作品に参加することが」と冷静に語る。

めいは、学校に恋人はおろか友だちすらひとりもいない16歳。誰も彼女の声を聞いたことがないとウワサされるほど暗いキャラなのだが、自分をしつこくからかう男子に回し蹴りを食らわすような負けん気もある。ひと言で言えば“孤独な変わり者”だ。

「撮影では大変なことのほうが多かったですね。めいちゃんっていうキャラクターはよくわからない子で、いろんな表情を持っているので、表現力が求められている気がして。その分、めいちゃん役を経験できたことは、自分の身になった気がします」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング