ソフトバンクモバイル初の一般向けAndroidタブレット「GALAXY Tab4」、12月19日発売

2014.12.9 16:38配信
GALAXY Tab4

ソフトバンクモバイルは、片手で持ち歩ける7インチのコンパクトなサムスン電子製タブレット端末「GALAXY Tab4」を、12月19日に発売する。

ソフトバンクモバイルとして初めて一般向けに販売するAndroid搭載タブレット端末。手のひらにぴったりと収まるコンパクトサイズながら、4000mAhのバッテリを搭載し、2日以上利用できる。また、動画視聴やインターネット閲覧など、一度に二つのアプリケーションを立ち上げて、一つの画面上で同時に操作できる「マルチウィンドウ」機能を備える。

1.2GHzのクアッドコアCPU、有効約300万画素のメインカメラ、有効約130万画素のサブカメラ、1.5GBのメモリ、8GBのストレージなどを搭載する。無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)で、Bluetooth Ver.4.0に対応する。OSはAndroid 4.4.2。サイズは約187.0×108.0×9.2mmで、重さは約278g。カラーはホワイトとブラック。

発売に合わせて、料金プラン「スマ放題」に加入中の携帯電話とセットで利用すると、Android搭載タブレット端末の利用料金が1年間実質無料(2~3年目は1000円割引き)になる「タブレットセット割」を提供する。

また、Android 搭載タブレット端末向けに、「スマートセキュリティ powered by McAfee」や「紛失ケータイ捜索サービス」などを含む「タブレット基本パック」を開始するともに、「もしも」に備えたアフターサービス「あんしん保証パック」の対象機種に「GALAXY Tab4」を追加する。「タブレット基本パック」と「あんしん保証パック」はそれぞれ税別月額500円で、これらをセットにした「あんしんセキュリティセット」は月額800円で提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング