ゆうばり映画祭キービジュアル発表!

2014.12.11 11:12配信
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015/キービジュアル(C)KAIDA Yuji

毎年冬に開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭のキャッチコピーとキービジュアルが発表された。記念すべき第25回目の節目を迎える本映画祭は、キャッチフレーズを“世界で一番、楽しい映画祭”に一新し、来年2月19日(木)から2月23日(月)まで、アディーレ会館ゆうばりをメイン会場にして開催される。

北海道夕張市で開催されるゆうばり映画祭は、SF、ホラー、ファンタジー、アドベンチャー、アクション、サスペンスなど、イマジネーションとエンタテインメント性豊かなファンタスティック映画を対象とした映画祭で、熱狂的なファンが多く、映画の作り手たちからも支持されているのが大きな特徴だ。

このほど発表されたキービジュアルは、“怪獣絵師”として知られるイラストレーターの開田裕治氏が特別に描き下ろしたもの。開田氏は「2014年に初めて映画祭に参加させて頂きましたが、アディーレ会館ゆうばりでの開催が次回で最後と聞きましたので、迷わずメインモチーフとさせて頂きました。虎や建物から漏れる光は子どもの頃に観た映画館の映写窓の光の記憶から。父親に連れられて見た怪猫映画が恐くて恐くてスクリーンに向かい合うことが出来ず、椅子の背にしがみついてずっと後ろを見ていたという、私の最も古い記憶のひとつです」とコメントを寄せており、作品は、2008年から今期までメイン会場として人々を楽しませてきたアディーレ会館ゆうばり(旧市民会館)の上に、大きな翼を広げた巨大な虎が陣取る、氏ならではの幻想的でインパクトのあるビジュアルとなっている。

本映画祭は現在、各部門その他上映作品の最終選定に入っており、1月15日(木)にアディーレ会館ゆうばりで行われるラインナップ会見で、上映作品や来場ゲストについての情報が発表される。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
2015年2月19(木)から2月23日(月)まで開催

いま人気の動画

     

人気記事ランキング