全米映画俳優組合賞のノミネーションが発表に

2014.12.11 12:8配信

SAG(映画俳優組合)賞のノミネーションが発表になった。演技に対して贈られるこの賞で、最多ノミネーションに当たる4部門で候補入りしたのは『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。続いて、『イミテーション・ゲーム(原題)』と『博士と彼女のセオリー』が3部門でノミネーションされた。

その他の情報

受賞発表は来年1月25日(現地時間)。主な部門のノミネーションは次のとおり。

アンサンブル部門
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『イミテーション・ゲーム(原題)』
『博士と彼女のセオリー』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『6才のボクが、大人になるまで。』

主演男優部門
スティーヴ・カレル『フォックスキャッチャー』
マイケル・キートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ジェイク・ギレンホール『Nightcrawler(原題)』
エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー』
ベネディクト・カンバーバッチ『イミテーション・ゲーム(原題)』

主演女優部門
ジュリアン・ムーア『Still Alice(原題)』
ジェニファー・アニストン『Cake(原題)』
フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』
リース・ウィザースプーン『ワイルド(原題)』
ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』

助演男優部門
J・K・シモンズ『Whiplash(原題)』
エドワード・ノートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』
マーク・ラファロ『フォックスキャッチャー』
ロバート・デュヴァル『ジャッジ 裁かれる判事』

助演女優部門
パトリシア・アークエット『6才のボクが、大人になるまで。』
ナオミ・ワッツ『St. Vincent(原題)』
エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
キーラ・ナイトレイ『イミテーション・ゲーム(原題)』
メリル・ストリープ『イントゥ・ザ・ウッズ』

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング