自撮りも仕事も使える、ムービーカメラ「iVIS mini X」をカメラ好きライターが使ってみた

10月に発売されたキヤノンのムービーカメラ「iVIS mini X」。セルフィー=自撮りに最適と話題の機種だが、使ってみるとそれだけに収まらない多くの魅力を発見! ライターが実際に使って感じた本機種の魅力をレポート。

10月に発売されたばかりのキヤノンのムービーカメラ「iVIS mini X」を借りることができた。何でも小型ながら超広角撮影が楽しめて、音質もめっちゃ良いらしい。

僕は写真を撮るのが趣味なので、デジカメはちゃんとしたやつを持ち歩いているのだけど、動画に関してはそれこそスマホで済ませてきたタイプだ。だってビデオカメラってかさばるし、今どきデジカメにも動画機能がついてるし、旅行なんかで荷物を減らしたいときは、真っ先に除外してしまうのだ。

そんな感じだったので、最初にレビューの話が来たときはちょっと気乗りしない感じだったのだが、使ってみるとびっくり! めちゃくちゃ便利で、ムービー専用機の底力を痛感したのだった。

何がすごかったのか。「iVIS mini X」の機能を紹介しながら説明していこう。
 

すごい広角&超コンパクト! 基本スペックもすごい

まずは基本スペックから押さえておこう。「iVIS mini X」は前モデルとなる「iVIS mini」の後継機にあたるムービーカメラで、超広角レンズを搭載。動画対角160°(MP4撮影時)というウルトラワイドな撮影を楽しめるのだ。160°といってもピンとこないかもしれないので、写真で説明しよう。

 

 

同じ場所からiPhoneで撮影した場合と比べると、撮れる範囲がぜんぜん違うのがわかるだろう。

これだけでも「iVIS mini X」は面白いのだけど、それだけではないのだ。

 

まず驚かされたのは、そのコンパクトさと形。ムービーカメラといえば、いわゆるハンディカムみたいな形状しか知らなかったので、この薄くてコンパクトな形にはちょっとびっくり。普段、取材用に持ち歩いているボイスレコーダーと、さほど変わらない大きさなのだ。そういえば、GpProに代表されるアクションカメラはかなりコンパクトだよなぁ。

 

といっても「iVIS mini X」は別にアクションカメラというわけではない。そういう風に使えるかもしれないけど、たぶんメーカーが想定している用途はアクションカメラではないし、防水や耐衝撃性もないので、やっぱり違うと思う。

じゃあどういう使い方を想定しているのかというと、超広角撮影を生かした室内での自分撮りや、旅行やレジャーなどでの自分撮りだろう。これくらいワイドだと狭い部屋でも余裕で収めることができるし、旅行では家族全員が入って、なおかつ背景も一緒に収めることができるからだ。

それはもうよくわかるのだけど、今回僕が「iVIS mini X」を使って思ったのは、これってボイスレコーダー代わりに「取材」で使えるんじゃないかということ。実際、「iVIS mini X」を使っているライターさんもいるらしい。

そこで、実際にインタビューで使ってみたところ、思った通り、ものすごく便利だったのだ。本来なら、そのときの映像を使いながら説明するべきなのだろうけど、それはちょっとできないので、代わりに公園で撮ってきた映像から写真を切り出して説明していこう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング