大カーニバルで年末を! 『ヴェローナの二紳士』開幕

2014.12.11 17:30配信
『ヴェローナの二紳士』 『ヴェローナの二紳士』

舞台『ヴェローナの二紳士』が12月7日、東京・日生劇場で開幕した。シェイクスピア初期の傑作といわれている今作は、かつてブロードウェイでミュージカル化され、トニー賞を獲得している。それを今回、かねてから上演を熱望していた宮本亜門が演出。よりラテン色を強めてシェイクスピア生誕450年の今年にふさわしい、パーティーのような作品に仕立て上げた。

『ヴェローナの二紳士』チケット情報

T.M.Revolutionとしての活動のみならず幅広い活躍を見せる西川貴教がヴェローナの青年プロテュースを、CHEMISTRYでデビューし、昨今はソロとして新たな魅力を発揮する堂珍嘉邦がその親友ヴァレンタインを演じる。さらにプロテュースの恋人に島袋寛子、ヴァレンタインがミラノで恋する相手シルヴィアに元宝塚トップスターの霧矢大夢が扮する。主要キャストを見るだけでも“普通のミュージカル”になりそうもない。

客席の前に広がるのは、何のセットもない素舞台。華やかなミュージカルを想像した観客はちょっと面食らうだろう。すると、スクリーンに映し出されるのは現代の公園の様子。やがてキャストが劇場の後ろから飛び込んできたかと思うと、あっという間にステージにヴェローナの街ができあがった。まるで落書きのようなタッチで無造作に描かれたセットの中で繰り広げられる会話は、まるで現代劇のよう。そして、とくに男性キャストの衣装は、スニーカーやセーターなどカジュアルなもの。両脇の生演奏にのせたキャストたちの伸びやかな歌声の華やかさ、耳に残るシンプルな歌詞には聞き惚れずにはいられない。中央に掲げられたシェイクスピアの似顔絵は、この芝居を見守っているようだ。

シェイクスピア作品をこれほどまでにわかりやすく楽しく観られることの驚きにひたっていると、物語の舞台はミラノへ。ヴァレンタインと、少し遅れてプロテュースがやってくるミラノはそれまでの手作り感あふれるセットから一転、階層のある無機質なものに。映像も駆使され、都会らしさが伝わってくる。ミラノで変わってゆくプロテュースの軽妙な雰囲気は、まるで西川本人がテレビやラジオなどで見せる顔がそのまま活かされているようで、このキャスティングに大いに納得させられる。ほかにもシルヴィアの婚約者を演じる武田真治の活躍も見どころ。権威を傘に偉そうにしているが実は情けない男を軽やかに演じている。

キャストが楽しんで演じている様子が客席にも伝わり、観客たちもいつしかお祭り騒ぎに巻き込まれている――年末気分を高めてくれるこのカーニバルはシェイクスピア初心者にも、ミュージカルを見たことのない人にもぴったりだ。

公演は12月28日(日)まで東京・日生劇場にて。

取材・文/釣木文恵

いま人気の動画

     

人気記事ランキング