オンキヨーマーケティングジャパン、仏キャバス製のスピーカーシステム「TRADITION MC40シリーズ/MT32シリーズ」を発売

2014.12.11 19:38配信
「TRADITION MC40シリーズ」の「JAVA」(左)と「CABRERA」

オンキヨーマーケティングジャパンは、仏キャバス製のスピーカーシステム「TRADITION MC40シリーズ/MT32シリーズ」を、2015年1月中旬に発売する。

スピーカーで再生する直接音と、壁などへの反射によって発生する反射音を最適にコントロールし、広いリスニングスポットを確保する独自の「SCS(Spatial CoherentSource)システム」を、全スピーカーユニットの中核技術として採用。演奏者や音楽制作者の意図を忠実に再現し、映画や音楽などの再生コンテンツの魅力を最大限に引き出す。

「TRADITION MC40シリーズ」は、世界的に定評のあるTC23同軸ドライバを継承した2ウェイ同軸ドライバ搭載のトールボーイスピーカー「JAVA」、センタースピーカー「CABRERA」の2モデル、「TRADITION MT32シリーズ」は、「TRADITION MC40シリーズ」のサウンド設計を継承したスタンダードモデルのトールボーイスピーカー「JERSEY」、センタースピーカー「SOCOA」、ブックシェルフスピーカー「ANTIGUA」の3モデルをラインアップする。

「JAVA」のサイズは高さ1100×幅250×奥行き350mmで、重さは24.5kg。定格入力は110Wで、最大入力は770W。「CABRERA」のサイズは高さ180×幅490×奥行き350mmで、重さは11.5kg。定格入力は90Wで、最大入力は630W。カラーはともにGlossy Black。税別価格は、「JAVA」が18万円、「CABRERA」が13万5000円。

「JERSEY」のサイズは、高さ996×幅250×奥行き350mmで、重さは16.0kg。定格入力は100Wで、最大入力は700W。税別価格は8万5000円。「SOCOA」のサイズは高さ160×幅470×奥行き370mmで、重さは8.5kg。定格入力は85Wで、最大入力は600W。税別価格は6万5000円。「ANTIGUA」のサイズは高さ410×幅220×奥行き300mmで、重さは7.5kg。定格入力は75Wで、最大入力は550W。税別価格は9万5000円。カラーは、「JERSEY」「SOCOA」「ANTIGUA」ともに、EbonyとWalnutの2色をラインアップする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング