©Disney

ホーンテッドマンション

「ホーンテッドマンション」の建物は1963年、ウォルトが生きていた時代に作られていました。

しかし、中身の企画が固まらないままウォルトはこの世を去ります。

ウォルト亡き後、彼の遺志を継いだイマジニアが、幽霊のオーディオアニマトロニクスが999人登場するアトラクション「ホーンテッドマンション」を作り上げました。

ウォルトの死後最初に作られたアトラクションとして1969年にオープンしました。

このアトラクションは各パークに作られていき、東京ディズニーランドにも開園当初から設置されています。

現在、ハロウィーンからクリスマス期間にかけて「ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメア―」と称して、映画『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントンたちが登場します。

 

ウォルトの遺産は進化して受け継がれている

『カリブの海賊』©Disney

ウォルト・ディズニーが遺したアトラクションたち。

今回ご紹介したものは、どれも近年リニューアルや期間限定バージョンでの運営が行われているものです。

ウォルトは機械に命を与え、ストーリーを通じて私たちに新しい世界を見せてくれました。

そのアトラクションは時も海も超えて現在の東京ディズニーランドでも見ることができます。

 

『魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”』©Disney

これらは遺産として同じ形を継承していくだけでなく、新たな要素を加えてより進化したアトラクションになっています。

ウォルトがかつて「パークは永遠に完成しない」と述べた通り、彼が遺してくれたものは時代と共に進化しながら、今でも私たちを楽しませてくれています。

プーや/poohya。フリーライター、ウレぴあ総研ディズニー特集サブディレクター。パークから映画、テレビまで国内外の「ディズニー」に関する現象を追いかけ記録するサイト「舞浜横丁」(maiyoko.com)を運営。くまのプーさんに異様な愛を注ぐ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます