「PayPay」が今秋提供へ

ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPay(ペイペイ)は、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」の提供を2018年秋から開始する。PayPayの提供にあたって、ソフトバンク・ビジョン・ファンドのポートフォリオカンパニーで、インド最大の決済サービス事業者であるPaytmと連携した。

PayPayとソフトバンク、ヤフー、Paytmは、ソフトバンクや口座数4000万を超える「Yahoo!ウォレット」の顧客基盤を活用した利用者の増加、ソフトバンクのもつ営業ノウハウを生かした加盟店の獲得、Paytmの技術を活用した利便性の高いサービスの開発を進めていく。日本が現金(紙幣・貨幣)で支払う習慣が根強い一方、政府がキャッシュレス化を推進していることから、利用者と加盟店の双方に利便性の高いサービスを実現するため、2018年6月に合弁でPayPayを設立、今秋からサービスのPayPayを提供することになった。

なお、PayPayの提供に伴って「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済機能は提供を終了(時期未定)。PayPayとYahoo! JAPAN IDを連携させ、「Yahoo! JAPAN」のアプリからPayPayの機能を利用できるようにすることを予定している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます