海老蔵演じる五右衛門がより壮大になって帰ってくる

2014.12.12 15:00配信
市川海老蔵  撮影:源 賀津己 市川海老蔵  撮影:源 賀津己

新橋演舞場の新年の幕開けに、今回も市川海老蔵が登場。「初春花形歌舞伎」として、2009年の初演から大幅にスケールアップをした『石川五右衛門』を、2015年1月2日(金)より上演する。そこで五右衛門役の海老蔵に、今の思いを訊いた。

新橋演舞場 初春花形歌舞伎 チケット情報

石川五右衛門という稀代の大泥棒を題材に、『金田一少年の事件簿』の原作者である樹林伸の原案のもと、海老蔵が新作歌舞伎をつくり上げたのは平成21年8月。誰もが知る人物だが、実はこの五右衛門、史実がほとんど残っていない人物だと言う。「つまり石川五右衛門というのは、歴史が、想像がつくった人物なんですよね。だからこそ五右衛門って自由ですし、それこそ僕が彼に感じる魅力の最高の部分でもあるんです」。

その五右衛門の父が実は……というのが、新作歌舞伎『石川五右衛門』における大きなポイント。しかも今回の舞台は日本だけにとどまらず、はるか中国大陸にまで及び、より壮大な物語が展開される。「前回までは“父と子の物語”でした。今回はそういった部分も含め、“友情”、さらに“恋”という歌舞伎ならではの題材を、樹林流に書いていただいた。それを五右衛門で体現出来るというのは、とても楽しみです」。

また五右衛門には、古典歌舞伎『楼門五三桐』(さんもんごさんのきり)に、京都・南禅寺にある山門での「絶景かな、絶景かな」という名ぜりふがある。このせりふを海老蔵は、劇中でなんと2回も登場させると言う。「歌舞伎の『絶景かな』というのは、あくまで様式美なんですよね。でも実はそこに五右衛門の精神性が込められていて。今回はさらにその上をいく『絶景かな』をつくるべきだなと。それまでのドラマによって、見えていたはずのものが変わって見える瞬間。その2度目の『絶景かな』を、中国大陸のどこかで実現させようと思っています」。

舞台機構や演出でも、よりダイナミックな作品になると意気込む海老蔵。しかしひとつ残念な事実もある。「父(十二世市川團十郎)がいないのはやっぱり惜しまれますね。でも今回は父が演じた秀吉役を、市川右近さんが勤めてくださる。相当プレッシャーには感じていらっしゃると思いますが、右近さんが今持っていらっしゃる秀吉像を真っ直ぐ演じていただくことが、一番素敵なことじゃないかと思います」。

海老蔵が贈る、新年にふさわしい豪華な演目。「皆さんの2014年の埃が落ちるよう、また2015年が無病息災で過ごせるような気迫でやれればと思います」。

公演は1月2日(金)から25日(日)まで。チケット発売中。

取材・文:野上瑠美子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング