アンジー、水痘で監督作のプレミアを欠席

2014.12.15 11:53配信

アンジェリーナ・ジョリーが、監督作『Unbroken(原題)』のL.A.プレミアを欠席すると発表した。プレミアは米西海岸時間の月曜日。理由は、水疱瘡(みずぼうそう)だ。「みんなを恋しいと思いながら、私は家でかゆい思いをしています。この映画は私にとって、とても意味のある作品だけに、信じられません。でもこれも人生というものでしょう。すべてがうまく行くことを願っています」と、ジョリーはビデオでメッセージを送っている。

その他の情報

ジョリーは回復するまで今後のプロモーション活動も控えるそうだ。月曜日のプレミアには、ジョリーの代わりにブラッド・ピットと子供たちが出席する。『Unbroken』は、ジョリーの監督第2作目。オリンピックで金メダルを受賞したランナー、ルイ・ザンペリーニが、第二次大戦中に日本軍の捕虜になり、過酷な状況を生き延びた実話にもとづくドラマだ。主演はジャック・オコンネル。アメリカ公開は12月25日。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング