サンフランシスコ映画批評家協会が選ぶ最優秀映画は

2014.12.16 13:2配信
『6才のボクが、大人になるまで。』(C)2014 boyhood inc./ifc productions i. L.L.c. all rights reserved.

サンフランシスコ映画批評家協会が、『6才のボクが、大人になるまで』を今年の最優秀映画に選んだ。同作品からは、ほかにリチャード・リンクレーター監督が監督賞を、パトリシア・アークエットが助演女優賞を受賞したほか、編集賞も獲得した。

その他の写真

主演男優賞に輝いたのは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン。主演女優賞は『アリスのままで』のジュリアン・ムーア、助演男優賞は『バードマン…』のエドワード・ノートン。脚本賞は『バードマン…』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、脚色賞は『Inherent Vice(原題)』のポール・トーマス・アンダーソン、外国語映画賞はポーランドの『Ida(原題)』が獲得した。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング