日本人スタッフらが語る「星の王子さま」アニメ映画化の裏側

2014.12.16 17:00配信
『リトルプリンス 星の王子さまと私』マーク・オズボーン監督とキャラクター監修を務める四角英孝氏

サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」の初のアニメーション映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』。1年後の公開に向け、現在も制作が続く中、メガホンを握るマーク・オズボーン監督とキャラクター監修を務める四角英孝に話を聞いた。

その他の画像

おなじみの王子と飛行士による砂漠でのパート、それから数十年後、老いた飛行士とある少女が交流を深めていく現代パートの2つの世界を描く本作。前者をストップモーション、後者を最新の3DCGのアニメーションで描いているのが大きな特徴となっている。

あのウォルト・ディズニーもアニメーション化を熱望したという原作の映画化を託されたオズボーン監督は本作について「タイムレスな価値を持った物語であり、あらゆる世代に訴える力がある。現代的な解釈を加えつつもそこに普遍的なメッセージが込められている」と刊行から70年以上を経た“いま”映画化することの意味を説く。

だからこそ、原作に付け加えられる形となる3DCGによる現代パートが重要となる。監督はこのパートを「大人になり過ぎた世界」と語り「王子と飛行士の物語が少女の心にこだまのように響きます。王子は飛行士に強い影響を与えますが、同時に大人のような少女は子供のような心を持った老人の話に強く揺り動かされる。2つの世界が呼応し、見た目は違うけれど同じようなことが同時に進行していくわけです」と物語の構造を説明する。

キャラクター監修としての四角の仕事はまさに「2つの世界を親密に繋げ、継ぎ目を見えなくすること」である。「ストップモーションが魅力的でCGは生気がないと言われがちですが、そのギャップを埋めることが自分のテーマ」と語る。

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルの髪の毛の動きを見事に表現し、称賛を浴びた四角。本作の少女のビジュアルにはデザインから実際に3Dに起こすまでに1年4か月を費やしたが、大切にしたのは「有機的なプロセス」。彼だけでなくその背後でいまこの瞬間も手を動かし続けている200人のスタッフの存在に触れ「CGの作業は流れの中で多くの人の手が加わります。それを単なる分業ではなく、いかにひとつの“輪”として行えるかが重要。常に批判や意見に対しオープンでいること。その声を個人ではなくチームで受け止め、より質の高いものを作りあげていくこと。先頭に立つマークが誰よりそうしたマインドを持っていることで、チームをより良い方向に導いてくれていると思います」。

最新技術と昔ながらの手作業の“有機的”な邂逅がどんな世界を生み出すのか? 楽しみに待ちたい。

取材・文・撮影:黒豆直樹

『リトルプリンス 星の王子さまと私』
2015年12月全国ロードショー
(c)2014 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films

いま人気の動画

     

人気記事ランキング