【スマホOK】ディズニーの魔法のような“キラキラ写真”が撮影できる「クロスフィルター」使い方まとめ【写真36枚】

2014.12.18 10:30

季節を問わず、美しい風景や、イルミネーションが楽しめる東京ディズニーリゾート。空気が澄んで、きれいな写真が撮りやすくなる冬の季節は、特におすすめ。クロスフィルターを使った「キラキラ写真」の撮影方法や、手軽な代用法、うまく撮影するコツをご紹介します。

©Disney

昼と夜で全く別の顔を見せてくれる、東京ディズニーランドと、東京ディズニーシー。

夜のイルミネーションは、それを見に行くだけでも価値があると言ってもいいでしょうね。

そんな中、イルミネーションを撮影する上で、それほどカメラの知識がなくても「手軽にきれいな写真が撮れる方法」をご紹介します。スマートフォンや携帯電話のカメラでも大丈夫ですよ。

 

 

キラキラ輝く風景写真は「クロスフィルター」を使う!

クロスフィルターを使うと、キラキラ度がUP! ©Disney

夜のイルミネーションが魅力の東京ディズニーリゾート。できれば上手に写真も撮りたい所ですよね。

一眼レフカメラを持っているのですが、正直に言うと、撮影のテクニックやカメラの知識がほとんど無い筆者なのですが、それでも簡単にキラキラした美しい写真が撮れる方法があります。

それは、「クロスフィルター」を使う事。レンズに取り付ける「フィルター」の事で、単にレンズの上に取り付けるだけの簡単なアイテムです。

 

クロスフィルターって、どういう仕組み?

クロスフィルターは、その名の通り、レンズ自体に「格子の模様」が刻まれており、撮影した光をクロス上に美しく演出してくれるものです。

一見高そうに思えるこのフィルターですが、意外と安く、300円くらいで、大手カメラショップやネットショップで購入する事もできます。

最近はコンパクトデジカメにも最初から機能としてついている場合もあります。

 

スマホのアプリで代用したり、自作したりも簡単!

©Disney

このクロスフィルターは、簡単に自作する事も可能です。100円ショップなどで売っている「透明のクリアファイル」等に、カッターで格子状の模様をつけるだけです。

それをカメラのレンズの前に軽くあてて撮影するだけ。すると、クロスフィルターと同じ様な効果で撮影ができます。

また、もっと簡単な方法として、「レンズにセロハンテープを貼る」方法があります。

こうすると、クロスフィルターの様にきれいな格子模様にはなりませんが、全体がぼんやりとした柔らかい雰囲気の写真が撮れます。

また、最近はスマートフォンのアプリとして、この機能がついているものもあり、高い機材や専門的な知識がなくても、キラキラとした写真が撮れます。ぜひお試しを!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント