ティム・バートン監督最新作がついに完成!

2014.12.18 10:16配信
『ビッグ・アイズ』NYプレミアの模様

『マーズ・アタック!』『フランケンウィニー』のティム・バートン監督の最新作『ビッグ・アイズ』のNYプレミアが現地時間の15日にニューヨーク近代美術館で行われ、バートン監督、主人公マーガレット・キーンを演じたエイミー・アダムス、マーガレットの夫を演じたクリストフ・ヴァルツら出演者たちと、映画のモデルになったマーガレット本人が出席した。

その他の写真

本作の主人公マーガレット・キーンは、大きな瞳が特徴的な“ビッグ・アイズ”シリーズで圧倒的な人気を博し、ポップ・アート史にその名を残している画家だが、60年代のアメリカではこの絵はマーガレットではなく、夫のウォルターの描いた絵として発表された。映画は、夫婦が“ビッグ・アイズ”シリーズを生み出し、世に送り出すまでと、夫婦の葛藤、そして得られたはずの富と名誉を捨て、真実を公表しようと闘うマーガレットの姿を描いている。

熱狂的なファンが多いバートン監督の新作プレミアだけあり、会場には多くのファンがつめかけた。バートン監督は「すごく楽しんで作ったよ! ストーリーは僕にとってとても特別なものだったし、自分が共感できるテーマだった。マーガレットと出会って、彼女の静かなる強さ、そして彼女の人柄を知って、とても興味深く、素晴らしかった」と言い、アダムスは「マーガレット本人はとても静かな人なので、いろいろと推測した役作りが必要になるかと思ったんだけど、実際にお会いすることでいろいろな問題が解決できた。彼女へのリスペクトをもって演じたんだけれど、同時に彼女にちゃんと似ていることを気を付けて演じていた」と撮影を振り返った。

また強烈な演技で夫ウォルターを演じたヴァルツは「日本に行ったことがまだないんだよ。誰かが招待してくれるのを待っているんだ、わかるだろう?」と笑顔を見せ、作品のモデルになったキーンは「日本の皆がこの作品を観に行ってくれることを願っているわ。私はハワイのホノルルに28年間住んでいるのだけれど、日本人が沢山いるの。だから、これまでにも日本人の“BIG EYES”を描いてきたのよ。今日ちょうど、1枚仕上げたばかりよ。とても大きな作品を。日本人の赤ん坊をモデルにしたわ」とコメントした。

この日の会場にはキャストだけでなく、パトリック・スチュワートやキューバ・グッディング・ジュニア、ケリー・ルースフォードなどの俳優たち、人気モデルも多く来場。注目作、超大作が公開を控える12月の中でも『ビッグ・アイズ』が大きな注目を集めていることが伺えるプレミアになった。

『ビッグ・アイズ』
2015年1月23日(金) TOHOシネマズ 有楽座ほか全国順次ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング