ぴあ30周年を祝う15年ぶりの再会競演、実現!

2014.12.18 15:00配信
GRAPEVINE 撮影:岩佐篤樹 GRAPEVINE 撮影:岩佐篤樹

邦楽ロックシーンに多大な影響を与え続けるGRAPEVINEとくるりが、今年30周年を迎えたチケットぴあのアニバーサリー・イベント『Ticket PIA 30th Anniversary「MUSIC COMPLEX 2014,winter」~supported by uP!!!~』で、15年ぶりとなる対バンライブを開催した。

はじめて両者が対バンを行なったのは、1999年3月22日に吉祥寺Star Pine‘s Cafeで開催された、「MUSIC FOUNDATION Vol.7~とんとご無沙汰。」でのこと。同イベントは、当時情報誌「ぴあ」の連載されていたGRAPEVINE・田中和将の「とんと、ご無沙汰。」のスペシャルイベントだった。この日は、日本中に師走の大寒波が押し寄せる中、異色の2組によるスペシャルな一夜を目撃しようと、今都内でもっとも注目を集めるライブスポット、豊洲PITに大勢の音楽ファンが集結した。

期待高まる中、トップバッターを飾ったくるりが最初に演奏したのは、ニュー・アルバム『THE PIER』からのナンバー『There is(always light)』だ。そのあとも『Liberty&Gravity』『loveless』『Remember me』と立て続けに新作からのナンバーを連発。夕陽のような照明の中、トランペットの音が鳴り響いた『ブレーメン』以降は、『ハヴェルカ』『かごの中のジョニー』と、徐々に過去にさかのぼりながら今のくるりサウンドで会場を包む。「僕、バインの好きな曲があって。ずっと「白目」やと思ってたけど『白日』でした(笑)。その頃に書いた曲をやって選手交代したいと思います」という岸田のMCの後に披露されたのは、'98年のナンバー「東京」だ。一気にバインとの初対バン当時にタイムスリップするその粋な選曲に、場内から大歓声が上がった。

対するGRAPEVINEは1997年の名曲『覚醒』でスタート。その直後に1998年のナンバー『白日』を披露し、「今お送りしたのは「白目」でした。今年僕らは移籍したのでくるりは大パイセン。さきほど楽屋であいさつしました」と、田中が場内の笑いを誘う。その後はニューシングル『Empty song』から新曲『KOL(キックアウト ラヴァー)』や『Empty song』のほか、『スロウ』『Here』などの名曲を披露。今回、セッションは実現出来なかったが、田中は「その代わり僕らの曲を1曲だけやらせてください」と、最後に『光について』を披露。誰もが1999年に思いを馳せたイベントをセンチメンタルに彩った。

取材・文:早川加奈子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング