エレコム、コンパクトなデジタル目覚まし時計、電波式の「CLK-DD001シリーズ」など

2014.12.18 18:24配信
CLK-DD001シリーズ

エレコムは、液晶パネルに時刻/日付/曜日/温度/湿度を表示するコンパクトなデジタル目覚まし時計「CLK-DD001シリーズ」「CLK-DN001シリーズ」を、2015年1月上旬に発売する。

家だけでなく、旅行や出張など、どこでも使いやすいコンパクトなデジタル目覚まし時計。上下左右、どこからでも見やすい液晶パネルを採用し、本体上部のボタンを押すと、約5秒間LEDバックライトが明るく点灯する設計で、寝室などの暗い場所でも安心して使用できる。また、周囲が暗くなると、自動的にLEDバックライトが点灯する自動点灯モードは、背面のスイッチでオン/オフの切替えができる。

日本標準時間を表示する電波式の「CLK-DD001シリーズ」と、スタンダードな「CLK-DN001シリーズ」をラインアップ。「CLK-DD001シリーズ」は、標準電波を受信して日本標準時間を表示する。時刻やカレンダー情報などの標準電波を受信することで誤差を自動修正し、日本標準時間を常に正しく表示する。

標準電波は1日に4回、自動で受信するので、手動で時刻を合わせる必要がない。本体背面のボタンを押すことで手動受信もできる。日本以外の標準電波は受信しないので、海外で使用した場合は、まれに日本の標準時を表示したり、ノイズによって誤った時刻を表示することがある。

「CLK-DN001シリーズ」は、スタンダードで使いやすいデジタル目覚まし時計。12時間表示(AM/PM)と24時間表示のいずれかを選択できる。両シリーズとも、約5分ごとに最大8回アラームが鳴るスヌーズ設定に対応。「CLK-DD001シリーズ」は、2通りの時刻がそれぞれ設定できるダブルアラーム機能を備える。

サイズは、電波式の「CLK-DD001シリーズ」が幅83×奥行33×高さ84mmで、重さは約116g。スタンダードの「CLK-DN001シリーズ」が幅105×奥行30×高さ55mmで、重さは100g。電源は、「CLK-DD001シリーズ」が単3形乾電池または単3形ニッケル水素2次電池2本、「CLK-DN001シリーズ」が単4形乾電池または単4形ニッケル水素2次電池2本。カラーは、それぞれ、ブラウン、ブルー、レッド、ホワイトの4色。税別価格は、「CLK-DD001シリーズ」が4770円、「CLK-DN001シリーズ」が3880円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング