シャープ、PM2.5対応のフィルター搭載車載用プラズマクラスターイオン発生機「IG-GCF15」

2014.12.19 11:46配信
車載用プラズマクラスターイオン発生機のラインアップにフィルター搭載タイプを追加

シャープは、12月19日、従来のカップホルダータイプとカーエアコン吹出し口に取りつけるタイプの車載用プラズマクラスターイオン発生機の新モデルと、PM2.5に対応するフィルター搭載タイプ「IG-GCF15」を2015年1月9日に発売すると発表した。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万5000円前後の見込み。

プラズマクラスター機器事業部の冨田昌志副事業部長は、「現在、プラズマクラスターは自社製品では15品目に搭載しているほか、自動車メーカーや建設会社など、26の他企業の製品が採用している」と、各分野での需要が拡大している状況を説明。特に車内でのニーズが高く、2009年に発売したカップホルダータイプの車載用イオン発生機は、約5年間で累計販売台数250万台を突破したという。「車載用が広く受け入れられているのは、効果が実感しやすいから。狭い空間だと、脱臭や空気清浄を効率的に行うことができる」と、人気の理由を明かした。

カップホルダーの数が少ない軽自動車の売り上げが伸びていることから、2013年にはエアコンの吹出し口に取りつけるタイプのイオン発生機を発売。「女性を中心に利用者を増やしているが、一方でPM2.5や花粉など外気環境への不安解消を求める声も多かった」とニーズが多様化していることを説明し、新しくラインアップに加わるフィルター搭載タイプの車載用プラズマクラスター発生機「IG-GCF15」を紹介した。

「IG-GCF15」は、高濃度イオンとフィルターのW効果ですばやく空気を清浄。標準の約2倍のイオン濃度を発生する「ターボ運転モード」を搭載し、タバコやペットの臭いをスピード消臭する。大きなホコリをキャッチする「プレフィルター」と活性炭素材の「洗える脱臭フィルター」、花粉やPM2.5に対応する「集じん・脱臭一体型フィルター」の3種類のフィルターを搭載し、有害物質を根こそぎ吸引する。

ホコリと臭いに反応する二つのセンサーが空気の汚れを検知し、風量を自動で制御するので、細かい設定は不要。ベルトによる取りつけ方式を採用し、後部座席のアームレストやヘッドレストの背面に手軽に設置できる。

カップホルダータイプの新モデル「IG-GC15」は、フィルタータイプ同様に「ターボ運転モード」を搭載。車内の臭いをこれまでよりすばやく除去できるようになった。さらに、前モデルより密集した花粉キャッチフィルターを採用し、捕集できる物質のサイズが500μm(マイクロメートル)から10μmに進化。ハウスダストやダニの死がい、花粉もしっかり吸引する。

イオン放出口には可変ルーバーを採用し、放出する向きを調整できるようになった。カラーはレッド、ブラック、ゴールドの3色。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後(税別)の見込み。1月9日に発売する。

カーエアコンの吹出し口に取りつけ、空調を利用してイオンを拡散するタイプの「IG-GC1」は、エアコンがオフの状態ではドライバーの顔付近に集中的にイオンを放出。消臭効果だけではなく、美肌ケアにも役立つ。USB接続に対応し、外出先やデスクでもマルチに利用することができる。

カラーはピンク、ブラック、ゴールドの3色。女性ニーズを意識して、前モデルより淡い色に仕上げた。実勢価格は1万3000円前後(税別)の見込み。1月9日に発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング