カシオ、7台同時撮影や毎秒60コマの高速撮影ができるハイスピードカメラ「EX-100PRO」

2014.12.19 11:53配信
EX-100PRO

カシオ計算機は、複数台の本体を無線LANで同期して、ハイスピード動画撮影や毎秒60枚の高速連写ができる法人向けハイスピードカメラ「EX-100PRO」を、2015年1月13日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は12万円前後の見込み。個人でも、オンラインショップのe-casioで購入できる。

有効画素数1210万画素のCMOSセンサと、焦点距離6.0~64.2mm(35mmフィルム換算で28~300mm相当)の光学10.7倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ。ベースモデルの「EX-100」に、毎秒60枚の高速連写機能を追加するとともに、Android搭載タブレット端末と専用アプリ「SynchroShot」を使って、最大7台の本体を無線LANで同期して、最大500μ秒の同期精度でリモートコントロールできるようにした。

多視点からの同期したハイスピード動画撮影や高速連写によって、企業の開発部門や大学の研究室での実験解析、アスリートのフォームチェックなど、各分野のプロフェッショナルのニーズに応える。

ハイスピード動画撮影時は、状況に合わせて設定を変えることでブレを抑えた撮影ができるよう、絞りやISO感度、シャッタースピードを調整できるモードを搭載。望遠鏡や顕微鏡などを接続した際に、逆さまに見える画像を見やすいように上下左右反転して撮影、または連写できるモードを備える。

「EX-100PRO」と「SynchroShot」の開発にあたっては、空気圧を利用したピッチングマシーン「TOPGUN」を開発・販売する共和技研の協力を得た。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは48.9MB。インターフェースはマイクロUSB、HDMI出力を備え、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応する。サイズは幅119.9×高さ67.9×奥行き50.5mmで、重さは389g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング