シリーズ最大の画面サイズで半透明液晶を採用

キングジムは、米Kent Displaysが開発・販売している電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」の新製品として、シリーズ最大の画面サイズでシリーズ初の半透明液晶を採用した「Boogie Board BB-11」を8月3日に発売する。税別価格は9200円。

「Boogie Board」シリーズとしてははじめて半透明液晶画面を採用するとともに、シリーズ最大の画面サイズ13.8インチ(幅216×高さ279mm)を採用した電子メモパッド。

画面が半透明なので、付属のテンプレートシートを下に敷いてガイドとして使えるほか、イラストやオリジナルのテンプレートを敷くことで、子どものお絵かきや文字の練習、スポーツにおけるコミュニケーションツールなど、幅広い用途で使用できる。

付属のテンプレートシートは、無地・罫線と、ドット・方眼の2種類を用意しており、画面上でノートにメモをとるように使える。

このほか、本体上部のイレースロックボタンを右にスライドすることで、不用意な消去を防げる。また、ロック中でもメモを書き足せる。

消去回数は約5万回。電源はCR2032形コイン型リチウム電池×1個。サイズは幅231×高さ328×奥行き5mmで、重さは約273g。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます