マランツ、フルディスクリート電流帰還型プリアンプ搭載の「AV8802」、Dolby Atmosに対応

2014.12.19 12:55配信
AV8802

マランツは、Dolby Atmos対応のフラッグシップAVアンプ「AV8802」を、2015年2月に発売する。税別価格は45万円。

「HDAM-SA」回路によるフルディスクリート電流帰還型アンプを初めて搭載したフラッグシップモデルのAVアンプ。

「AV8801」の「HDAM Pure Lines」を継承し、チャンネルセパレーションを向上するとともに、11.2chの送り出しアンプを独立した基板に分割することで、チャンネル間のクロストークを排除。明瞭な定位と立体感のある空間表現力をもつ。

オペアンプを大きく上回るスルーレートの独自のハイスピードアンプモジュール「HDAM-SA」によって、電流帰還型送り出しアンプをフルディスクリート化。「AV8801」と比較してスルーレートを約16倍に向上し、プレミアムHi-Fiコンポーネントに匹敵する情報量が豊かで低歪・ハイスピードのサウンドを再生する。

最大11.2chの同時出力に対応し、バランス/アンバランスともに11.2chのプリアウト端子を搭載。入出力端子は金メッキ処理で、高品位の信号伝送を実現するとともに経年劣化を防止する。また、32ビットステレオD/Aコンバーター「AK4490」を採用し、D/A変換回路の独立した専用基板へのマウントによって相互干渉を排除し、透明度が高く空間表現力と躍動感に溢れたサウンドを再生する。

これまでにないリアルな音響体験をもたらす新しいシネマサラウンド技術のDolby Atmosに対応。5.1.2ch、5.1.4ch、7.1.2ch、7.1.4ch、9.1.2chの柔軟なスピーカー配列を利用できる。また、Dolbyサラウンドのアップミックス機能によって、従来の「Dolby Atmos」非対応コンテンツの再生にも対応する。

このほか、4K/60pで4:4:4の24ビットパススルーへの対応を予定しており、DSD 2.8MHz/FLAC/WAV/AIFF(192lHz/24ビット)/Apple Lossless(96kHz/24ビット)のハイレゾ音源の再生にも対応する。

HDMIポートは入力×8、HDMI出力×3を搭載。映像入力はコンポーネント×3、コンポジット×5、映像出力はコンポーネント×2、コンポジット×2を備える。

音声入力はアナログ(XLR)×1、アナログ(RCA)×7、iPhone×1、7.1ch×1、光デジタル×2、同軸デジタル×2、音声出力は13.2chプリアウト(XLR)×1、13.2chプリアウト(RCA)×1、ゾーンプリアウト×2、ヘッドホン×1を搭載する。さらにLAN端子×1、USB×2などを備える。対応無線通信はIEEE802.11b/g準拠の無線LANとBluetooth 2.1+EDR。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング