『妖怪ウォッチ』を観た子どもの感想は?

2014.12.22 17:21配信
『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』 (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2014

「ぴあ」調査による2014年12月20日のぴあ映画初日満足度ランキングは、子どもたちに大人気『妖怪ウォッチ』の劇場版『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』がトップに輝いた。2位にディズニー・アニメーションの最新作『ベイマックス』が、3位に第1回松田優作賞でグランプリに輝いた同名の脚本を安藤サクラ主演で映画化した『百円の恋』が入った。

その他の写真

1位の『映画 妖怪ウォッチ…』は、主人公ケイタが、仲間の妖怪ウィスパーやジバニャンらとともに60年前の世界にタイムスリップし、突然消えてしまった妖怪ウォッチの行方を追う物語。劇場にはたくさんの子どもたちが来場しており、出口調査では「すごい楽しみにしていた。たくさんのキャラクターがいて、ブチニャンは強くてカッコよかった!」(7歳)、「ぜんぶ楽しかった!ウバウネが合体して大きな妖怪になるところがおもしろい」(8歳)、「コマさんがカイマと戦っていたところがおもしろかった!ソフトクリームを食べるコマさんが可愛くって好き!」(7歳)、「ラストにたくさんの妖怪が出てくるのが一番おもしろかった。ウォッチの秘密がよくわかったから、アニメも楽しく見れそう」(9歳)、「ジバニャンとウィスパーが合体したところは『何じゃこれわー』と思ってビックリした」(6歳)などの声があがった。一方、大人からは「一見子ども向けのアニメだが、他作品のオマージュがあって演出に驚いた。息子と一緒に楽しむことができた」というコメントが寄せられた。

2位の『ベイマックス』は、主人公の少年が心優しいロボット“ベイマックス”と、謎の事故によって死んだ兄の謎に迫る姿を描いた作品。観客からは、「友情あり家族愛ありで、声が出てしまうくらい笑いもあって楽しかった。ベイマックスはロボットで無表情なのに気持ちが伝わってきて不思議な感じがした」「アメコミの王道を逆手にとって、日本作品の王道を作ったという印象。カメラワークや3D映像の完成度が凄い」「思ったよりもアクションが多めで驚いたが、夢・希望・愛というディズニー作品の魅力である部分もきちんとあってよかった」「技術的に考えられた作品。現実的に感じられる工夫があって、細部までこだわった映像にも大満足。ラストシーンにはうるっときた」などの感想が寄せられ、子どもから60代までの幅広い世代から支持を集めた。

(本ランキングは、12月20日(土)に公開された新作映画9本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング