夏の北海道旅行、富良野でラベンダーなど自然に触れたあとはパンも買いに行かないとね、と調べて見つけた「となりの独尊」。

右隣には「唯我独尊」というこの地で1974年から営業している人気のカレー屋さんが。“富良野の地で自然と共に生活の営みと生業を”をコンセプトにされていて、そこの系列であるこちらのパン屋さんにも、富良野近郊で採れた無添加小麦を100%使用し、全粒粉を使った体にやさしいパンが並んでいます。

手づくり感のある店内は、品数は少ないけれどどっしりと受け止めてくれる雰囲気のあるパンが並んでいます。

奥のほうには「唯我独尊」のオリジナルカレールー、独尊サンバルなどのオリジナル調味料、ソーセージなどオリジナル燻製類もあります。行程上慌ただしい訪問だったので、パン以外のものを買う頭がなかった。失敗。。。

店頭にも書いてあった“ふらのアンパン”。20年以上人気の商品だそうです。この前に立ち寄ったお店ですでにあんぱんを買ってしまっていたので、こちらのお店では日持ちのするパンを買うことにしました。

パウンドケーキもあって、オーガニックミニトマトのラム酒漬けやクマザサを使ったものなど、魅力的なラインナップ。

お店の方に4日間は日持ちすると聞いて持ち帰った“木の実ぱん”。

天然酵母使用。中にはレーズン、くるみ、いちじく、プルーン、アプリコット、アーモンドが入っています。ずっしり重い!

断面からはフルーツの甘い香りが。カットする部分によってはもっと具だくさんなんです! アプリコットの酸味もいいし、ナッツ類のカリカリ食感もあり満足度が高い。元々フルーツたっぷり使ったパンが好きなのですが、ここの木の実ぱんはかなり私の好み。これ、リピート決定です!

生地自体はしっとりしてほのかな甘みがあり美味しい。のちほどお店の方に伺ったら「具材に使ったフルーツから染みだした甘みで、砂糖類は一切使ってないんですよ」とのこと。体に優しいと知り、ますます食べる手が止まらなくなりました(笑)

旅行先でのパン屋巡りは、食べたいものを厳選しなきゃいけない辛さがあります。でも、ひとつしか買えなくても、こうやってまた食べたいと思えるパンに出会える楽しみもあるので、これからも旅先でのパン屋巡りを楽しみます。

店名 となりの独尊
住所 北海道富良野市日の出町11-11
電話 0167-23-6867
営業時間 11:00~20:30(7~8月は月曜のみ14:30まで)
定休 月曜日(7~8月は無休で営業。但し、2018年8月3日は定休となります)

おすすめパン
木の実ぱん(400円・税込)

美味しいパンを求めて、全国いや世界を巡りたい。「パンめぐ」は、そんなパンマニアのためのWEBメディア。全国の美味しいパン屋さんを巡るためのコンテンツを発信しています。