2018年7月14日(土)から17日(火)にかけて、中国・広州市にてアニメ・ゲームの祭典『19th FIREFLY ACG FESTIVAL 広州蛍火虫動漫遊戯嘉年華』(以下広州蛍フェスタ)が開催されました。

数多く参加されていた中国のコスプレイヤーたちの模様をたっぷりとお届けします。

『広州蛍フェスタ』は、今回で19回目を迎える中国国内最大級のイベントです。

中国は広州を含めて上海や北京、成都、重慶、天津と十数都市の人口が1000万人を超えていて、それぞれの都市で開催されるオタク系のイベントは非常に大きくなります。

『広州蛍フェスタ』は1年前の夏開催時に4日間で約30万人の来場者を記録していて、今回は開場前から通路を埋め尽くすほどの行列ができるほどの盛り上がりを見せました。

日本からは声優の浅沼晋太郎さんや高橋広樹さん、小澤亜李さん、コスプレイヤーのえなこさんらがゲストで呼ばれていて、現地ファンに挨拶をされていました。

えなこさんはゲーム『ANGEVILLI』のキャラクター・艾尔/エルに扮してステージで登壇。現地ファンからのQ&Aやサイン会などを行いました。

そんな『広州蛍フェスタ』ですが、『COMICUP 魔都同人祭』などほかの中国のイベントと比較すると、日本の企業出展が少なく、中国のアニメやゲームなど国内コンテンツを発信する企業の割合が高かったです。

また中国企業のブースの多くがコスプレイヤーの撮影スペースを設けていて、コスプレコンパニオンでの宣伝が前提となっていた印象を受けました。

例えば中国で爆発的ヒットとなったスマホゲーム『陰陽師』のブースでは、大きな鳥居や和風デザインのブースをバックに5人以上のコスプレイヤーが並び、来場者の多くに囲まれて盛り上がっていました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます