「暑くても冷たいものばかり飲んではいけないよ」
祖母に会うとよく言われるのですが、どうもこう暑いと、つい冷たいものに手が出てしまう隼人です。

体の温度が下がると代謝が悪くなるといいますよね。温かい飲み物も飲みつつ、でも、冷たい飲み物を飲むときはしっかり冷たさをキープしたいというのがボクの希望です。

そんなときに、うん、これならいいかも!

冷たさをキープしてれるドリンククーラー

©アロカコ


だんだんと温くなってしまう卓上のドリンクを、ずっと冷たいまま飲むことができるのが、この「CupCooler」。

ワインセラーなどにも使われている、直流電流を流すことによって一方の面から他方の面に熱を移動させる効果「ペルチェ効果」によって、上部のアルミカップから熱を吸収するため、中の飲料を冷やす事ができるのだそうです。

さらに常温からの急冷も可能で、冷蔵庫の約6倍のスピードで冷やしてくれます。

上部のカップにアルミ缶やペットボトル・瓶などを差し込み、冷やすこともできるんです。

クラウドファンディングで目標額の1429%達成


2018年4月から6月にかけてGREENFUNDING byT-SITEにて資金調達を行い、目標支援額300,000円に対して1429%の達成をした「CupCooler」。日本向けにブラッシュアップが行われ、8月10日にはAmazonで先行発売が決定しました。

自宅やオフィスで、お茶やジュースなどが冷たいままキープできる。

これはうれしいですね。
温かい飲み物もしっかり飲みながら、冷たいものは冷たく飲んで、暑い夏を乗り切りましょう!

【商品詳細】
製品:CupCooler(カップクーラー) 市場販売価格:4,980円(税抜)
電源:12V/36W (AC電源) サイズ:126mm×124mm×124mm
重さ:446g 備考:PSE取得(付属専用ACアダプター)

料理研究家。元お菓子メーカーの社員の32歳。カンタンで、知っておくと便利な料理情報の紹介から生活に役立つ知恵まで家事の幅広い情報を発信する。「とまり木のコラム」の家事・料理を担当。