中川大志(左)と小関裕太

イケメン役者育成ゲーム「『A3!』熱組 新CM発表」が3日、東京都内で行われ、俳優の中川大志と小関裕太が登場した。

 本ゲームは、プレーヤーが劇団の主宰兼総監督となり、イケメン劇団員たちをキャスティングして青春ストーリーを楽しめるというもの。

 新CMで映像初共演を果たした2人。中川は小関について「以前イベントでご一緒したことがあるのですが、コミュニケーション能力がめちゃくちゃ高い」とその印象を語り、撮影でも「人見知りしがちな僕を引っ張って、雰囲気を盛り上げてくれました」と感謝した。

 小関は「イベントで会ったのは大志くんが高校1年の時。すごく大人っぽいなと思っていたら、“まだ15歳”と聞いて衝撃だったのを覚えている」とエピソードを披露した。

 中川は「もう慣れっこ。もっとフレッシュにならないと!」と苦笑したが、小関は「僕は『子どもっぽいね』と言われることが多いのでうらやましかったです」と語った。

 新CMでは、2人が「即興芝居」に挑戦した。巨大スロットが選択した「シチュエーション」と「せりふ」を2人がアドリブで演じるという内容で、当日まで何も知らされていなかったという中川は「丸腰の状態で現場に行ったので、とにかく怖かった」と告白した。

 “観客のいない現場”でひたすら演じ続けたそうで、「どれだけやっても何のリアクションも返ってこないので、開始30秒ぐらいで心が折れそうになりました」と苦笑した。

 一方、小関は「とにかく楽しかった。全部アドリブだったので、この撮影を通してどんどん大志くんと仲良くなれました」と語った。

 中川も「撮影後は、この空間を(共に)乗り越えたという友情、絆が芽生えました」と語り、大きくうなずいた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます