NTTコミュニケーションズ、格安SIMで容量繰り越しサービスを来年から開始

2014.12.24 17:57配信
「OCN モバイル ONEアプリ」ホーム画面での通信容量繰り越しイメージ

NTTコミュニケーションズは、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」の主要4コースを対象に、日または月に使い切らなかった通信容量を、翌日または翌月に繰り越して利用できる通信容量繰り越しサービスの提供を、2015年1月20日に開始する。また、「Wi-Fiスポット」のトライアル提供を1月14日に、「OCN モバイル ONEアプリ」の新機能の提供を1月20日に行う。

通信容量繰り越しサービスの対象は、日次コースの70MBと100MB、月次コースの2GBと4GBの計4コース。申込みの必要はなく、対象コースの契約ユーザーに対して、提供開始日から自動的に適用する。

日次コースのユーザーは2015年1月20日の利用分から、月次コースのユーザーは1月利用分から繰り越す。繰り越したデータ容量は、「OCN モバイル ONEアプリ」や「OCNマイページ」で確認できる。

「Wi-Fiスポット」のトライアル提供は、「OCN モバイル ONE」の契約ユーザーが対象で、鉄道の駅や空港・カフェ・ファーストフード店など、全国の約4万8000アクセスポイントで、追加料金なしで利用できる。「Wi-Fiスポット」利用時は、「OCN モバイル ONE」の通信容量は加算しない。

トライアル提供期間は2015年1月14日~3月31日。利用にあたっては登録が必要で、2015年1月14日から登録を受け付ける。

「OCN モバイル ONEアプリ」の新機能は、「ターボON/OFF機能」のウィジェットと、「Wi-Fi自動ON機能」の「Wi-Fiスポット」への対応の2点。

「ターボON/OFF機能」のウィジェットは、アプリを立ち上げることなく、スマートフォンのホーム画面で簡単に「ターボON/OFF機能」の利用や、容量残量が確認できる。

「Wi-Fi自動ON機能」は、自宅の無線LANだけでなく、新たに「Wi-Fiスポット」や、ユーザーが利用する公衆無線LANエリアに対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング