国内初のFirefox OSのスマートフォン「Fx0」誕生、ウェブサーバー機能を標準搭載

2014.12.24 18:2配信
Fx0

Mozilla Japanは、KDDIと国内初のFirefox OSを採用したLGエレクトロニクスのスマートフォン「Fx0」を、12月25日にauオンラインショップとKDDI直営店で発売する。全国のauショップやau取扱い店舗での発売は、2015年1月6日以降。

CPUにクアッドコアのMSM8926を採用し、約4.7インチのIPS液晶ディスプレイ、1.5GBのメモリを搭載。microSDXC/microSDHC/microSDカードスロット、約800万画素のメインカメラ、約210万画素のサブカメラなどを備える。OSはFirefox OS 2.0。

デザインは、世界的に著名なデザイナーの吉岡徳仁氏が担当。オープン性、自由、透明性を表現した。

Firefox OSは、HTML5やJavaScriptなどを利用して、さまざまなアプリケーションやユーザーインターフェースを開発できることが大きな特徴。アプリケーション開発ツール「Gluin」を使って、さまざまな組込み型機器と連携したWeb of Things(WoT)を実現する。また、インターネット上の情報や本体のセンサを組み合わせたロック画面をデザインできるアプリ「Framin」や、ウェブサーバー機能を備える。

このほか、NFC(近距離無線通信)、4G LTE、WebRCTなどの新機能をサポート。オムロンソフトウェアとKDDIが共同開発した日本語入力環境「iWnn IME for Firefox OS」を搭載する。

連続通話時間は約1010分、連続待受時間は、LTEが約720時間、3Gが約820時間。サイズは幅70.0×高さ139.0×奥行き10.5mmで、重さは約148g。

料金プランは、月間データ容量の上限が2GBの専用データ定額サービスで、基本使用料は税別月額934円、「LTE NET」の税別利用料は300円。MNPを含む新規契約の場合は、「Fx0おトク割」の適用によって、最大2年間は基本使用料を無料にする。データ定額サービスは、「LTEフラット cp(f・2GB)」のほか、「電話カケ放題プラン」とのセット加入で「データ定額2/3/5/8/10/13」も選択できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング