ディズニーが新たに描く『シンデレラ』新ビジュアル

2014.12.24 18:24配信
『シンデレラ』(C)2014 Disney Enterprises. Inc. All Rights Reserved.

誰もが知るファンタジーをディズニーが新たに描く実写映画『シンデレラ』が来年公開されるが、本作の新たなビジュアルとメガホンをとるケネス・ブラナー監督のメッセージが公開になった。

その他の写真

本作は、有名な“シンデレラ”の物語を、英国演劇/映画界の巨匠ケネス・ブラナーが実写映画で描き出す超大作。新鋭リリー・ジェームズがシンデレラを演じるほか、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーターらが出演する。

このほど公開されたビジュアルはシンデレラと王子が見つめ合うロマンティックな場面を捉えたもの。しかし、ブラナー監督は本作では「今の時代を踏まえた上で、ただ待っているだけではなく、何によって幸せになれるかを自分の力で決断していく少女のストーリーを思いついた」という。「夢やファンタジーではない現実の世界において、自分の道を見つけることがテーマにあります。幸せは私たちの内面に存在し、周りの人々や物に左右されるものではなく、自分自身を信じることでもあります。言うのは簡単ですが行動にするのは難しいこと。ですが“行動する”ことこそが、人生の課題を乗り越えていくことができるんです」。

思い返せば、多くの人に知られている『シンデレラ』の物語では主人公が“行動”しているイメージはあまりない。シンデレラは妖精の手助けなしに舞踏会には行かないし、自分から「ガラスの靴の持ち主は私だ」とは言い出さない。しかし、ブラナー監督は「困難や逆境に直面したとしても、自分という存在をありのままに受け入れることが不可欠なのです」と語る。妖精が、王子が、救い出してくれるのをずっと待っていたはずのシンデレラは、本作でどんな“行動”を起こして、自分の力で幸せを見つけだすのだろうか?

『シンデレラ』
2015年4月25日(土) ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング